介護保険が適用される3施設

介護保険が適用される施設には3種類があります。
自宅での生活が困難で、介護が必要な方をサポートする「介護老人福祉施設」。
リハビリや医療ケアサポートを主な目的とした「介護老人保健施設」。
寝たきりの方など、さらに医療的なケアを行う「介護療養型医療施設」の3つです。
入所にあたっては、所得の低い高齢者の方への料金の軽減措置がなされています。サービス内容など、それぞれの施設にはどのような特色があるのでしょうか。見てみましょう。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

特別養護老人ホームに利用者を長期間受け入れ、食事や排泄の介助、リハビリテーションやレクリエーションなどを提供します。

《主な設置主体》

地方公共団体、社会福祉法人

《主な特徴》

  • ●要介護3以上の方が利用できる

  • ●日常生活の介護や健康管理を行う

  • ●施設サービス費の自己負担額に加え、食費・居住費・日常生活費が自己負担

  • ●施設サービス費は、要介護度や部屋のタイプによって異なる

  • ●入所待機者が多い

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設に利用者を一定期間受け入れ、医療処置とリハビリテーション、食事や排泄の介助などを提供します。

《主な設置主体》

地方公共団体、医療法人

《主な特徴》

  • ●要介護1以上の方が利用できる

  • ●入所期間は原則として3ヵ月

  • ●所得に応じた自己負担の上限額が設けられている

  • ●リハビリに重点を置いており、自宅で介護を受けながら生活できるようになることが目的

介護療養型医療施設(療養病床)

介護療養型医療施設に利用者を受け入れ、医学管理下におけるリハビリと食事や排泄の介助などを提供します。
※2012年以降、新設は認定されず、2023年末までに廃止・転換の方針が打ち出されています。

《主な設置主体》

地方公共団体、医療法人

《主な特徴》

  • ●要介護1~5の方が利用できる

  • ●日常的に医療処置が必要な方が、介護保険を利用して療養できる施設

  • ●利用料の自己負担額に加え、食費・滞在費・日常生活費が自己負担

  • ●利用料は介護度や部屋のタイプによって異なる

■それぞれの施設の特徴

特別養護
老人ホーム
老人保健
施設
介護療養型
医療施設
基本的役割 要介護高齢者のための生活施設 要介護高齢者にリハビリ等を提供し在宅復帰を目指す施設 医療の必要な要介護高齢者の長期療養施設
主な設置主体 地方公共団体社会福祉法人 地方公共団体医療法人 地方公共団体医療法人
居室面積・定員数 従来型 面積
/人
10.65m2以上 8m2以上 6.4m2以上
定員
/数
原則個室 4人
以下
4人
以下
ユニット型 面積
/人
10.65m2以上
定員
/数
原則個室
医師の
配置基準
必要数
(非常勤可)
常勤1以上
/100:1以上
3以上
/48:1以上

監修:公益社団法人 大阪介護福祉士会
会長 淺野幸子

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ