ホーム>ご利用案内 / 介護保険制度について

ご利用案内

介護保険制度について

介護保険制度の被保険者

被保険者は次の2つに区分されます。

【第1号被保険者】 65歳以上の方 寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)の方。常時の介護までは必要ないが、家事や身支度など、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方。 【第2号被保険者】 40歳から65歳未満までの医療保険に加入している方 初老期認知症、脳血管疾患などの老化が原因とされる16種類の病気により、要介護状態や要支援状態となった方。

介護保険の利用手続き

1 「要介護(要支援)認定」の申請 2 認定調査 3 要介護(要支援)認定

  • 市区町村の高齢介護福祉課または介護保険課等に介護保険被保険者証を添えて「要介護(要支援)認定」の申請をしましょう。
  • 医師・看護職員・福祉関係者などが訪問調査を行います。
    (身体状況・家庭環境の調査)
  • 介護を必要とする度合い(要介護状態区分)が認定されます。

ご利用方法や商品選びなど、まずはお気軽にご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-100100
  • フリーダイヤル/年中無休

お見積もり・お問い合わせ

このページのトップへ