<ご利用案内トップへ戻る

商品の購入をご検討の方へ

介護用品のご購入にも介護保険を使うことができます。
介護保険を使わない場合は、通常料金でのご購入となります。

介護保険の申請方法はこちら

介護保険を使った購入

年間10万円(税込)を上限に1割分をご負担いただきます。(払い戻し限度額年間9万円まで)

  • ※ご利用者さま負担割合が変更となる場合は、「ご利用者負担額」も変更されます。詳しくは店舗までお問い合わせください。
  • ※同一種目商品の購入はできません。ただし、用途および機能が異なる場合、破損した場合、介護の程度が著しく重くなった場合は、再度購入が可能になる場合があります。
介護保険の対象となる購入福祉用具一覧
  • ・腰掛便座
  • ・入浴補助器具
  • ・簡易浴槽
  • ・移動用リフトのつり具部分
  • ・自動排泄処理装置の交換可能部品
販売商品を探す

レンタル商品のご購入をご希望の場合

車椅子やベッドなど、レンタル商品の販売も承っております。
価格など詳しい内容は店舗までお問い合わせください。

レンタル商品一覧を見る

ご不明点は丁寧にお答えします!
ご利用方法や商品選びなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-100100
  • フリーダイヤル/営業時間:8時~20時
  • ※お近くの店舗をご案内いたします。

お見積もり・お問い合わせ

ご不明点は丁寧にお答えします!
ご利用方法や商品選びなど、
なんでもお気軽にご相談ください。

商品カタログのみご希望の方はコチラ

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン

このページのトップへ

STEP1
介護認定の申請
閉じる

STEP1介護認定の申請

お住まいの市区町村の介護保険窓口、または、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所などで申請が可能です。

65歳以上の人(第1被保険者)は介護保険証、老人保健法医療受給者証、40~64歳までの人(第2号被保険者)は、健康保険被保険者証が必要です。
申請は本人、または家族が代理で行います。

閉じる
閉じる
STEP2
認定調査
閉じる

STEP2認定調査

申請後、認定調査員による「認定調査」が本人と立会人の日程調査をして行われます。面談調査の目安は、申請してから約2週間です。

閉じる
閉じる
STEP3
主治医の意見書
閉じる

STEP3主治医の意見書

各市区町村から主治医に対して意見書の作成依頼が送付されています。主治医がいない場合は、最近かかった医療機関名、診療科目、医師名などを介護保険の窓口に伝えておきましょう。

閉じる
閉じる
STEP4
介護の必要度判定
閉じる

STEP4介護の必要度判定

介護認定審会認定調査員の面談調査をもとに、主治医の意見書、特記事項などを専門家が検討して介護の必要度を判定し、認定決定します。判定は原則30日以内に自宅に送付されます。

閉じる
閉じる
STEP5
要支援・要介護の認定
閉じる

STEP5要支援・要介護の認定

介護を必要とする要介護度は5段階、見守りや支援を必要とする要支援度は2段階の計7段階に分かれます。認定期間は、初回は6ヵ月間、介護の必要度により更新は6ヵ月間から12ヵ月間です。利用者の活動状況が変われば、変更申請ができます。

閉じる
閉じる