ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>暮らしの中で認知症を予防しよう

暮らしの中で認知症を予防しよう

一度発症すると、現在の医療では完治が難しいとされる認知症。では、発症しないために必要なこととは何でしょうか?それは頻繁に病院に通うことでも、たくさんの薬を服用することでもありません。日々の生活習慣を見直し、頭だけでなく身体全体を健康に保つことです。
近年の研究で、認知症を「発症しない人」に比べて「発症する人」は、生活習慣病を患っている割合が多いということが分かってきました。生活習慣病とは高血圧、糖尿病、脂質異常症など、生活習慣の乱れが原因となって引き起こされる病気の総称です。つまり日々の生活習慣が、認知症の発症にも影響を与えていると言えるのです。

認知症予防のために、生活習慣を見直す

生活習慣病にならないために見直すポイントは、大きく分けて次の4つです。

  • ●頭の運動をする

  • ●身体の運動をする

  • ●食生活の改善

  • ●質の良い睡眠をとる

これらはそれぞれが健康を保つために必要な要素であり、どれか一つだけを改善すれば良いというわけではありません。
あなたの生活は大丈夫でしょうか?
チェックしてみましょう!

生活習慣チェックリスト

生活習慣をチェックしてみよう!

▼あてはまる項目をクリック▼

▼あてはまる項目をタップ▼

①頭の運動

②身体の運動

③食生活

④睡眠

POINT!

生活習慣チェックリスト ポイント

各項目でチェックの数が少なかった方は、生活習慣病を患う可能性が高いです。自分に不足している項目に注意して、生活スタイルを見直してみましょう。

人とのつながりが、より大きな効果に

人とのつながりが、より大きな効果に人とのつながりが、より大きな効果に

これら4つの要素に加えて、認知症予防に大切なことがあります。それは「人とのつながり」です。家族や友人など他者との交流は、なにより脳への大きな刺激になります。頭の運動や身体の運動を行う際は、一人で行うよりも、誰かと一緒に楽しんで行う方がより効果的です。食事も「ただ栄養をとる」というだけでなく、皆で会話を楽しみながら食べた方が、お腹だけでなく心も満たされ、脳に良い影響を与えるでしょう。
常に周りから新しい刺激を取り入れ、心地よい時間を過ごすこと。それがなにより効果的な認知症予防になるのです。

監修:森ノ宮医療大学
教授 横井 賀津志

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ