ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>福祉用具の選び方編 特殊寝台

< 介護のいろはTOPに戻る

介護のいろは 福祉用具編 特殊寝台って どう選べばいいの?

福祉用具の選び方編特殊寝台って どう選べばいいの?

特殊寝台(介護ベッド)は、ご利用者さまの「自立」のお手伝いをし、介助するご家族の「負担を軽く」してくれる、そんなベッドです。特殊寝台について、くわしくご紹介します。

特殊寝台の定義

サイドレールが取り付けてあるもの、または取り付けることが可能なものであって、次に掲げる機能のいずれかを有するもの。

  • ①背部または、脚部の傾斜角度が調整できる機能
  • ②床板の高さが無段階に調節できる機能

特殊寝台を使うメリット

  • メリット[1]

    ご利用者さまの動きのお手伝いをします。

    ベッドから起きる、立ち上がる、ベッドの上で食事をする…特殊寝台なら、こんなベッドまわりの動きがラクになります。介護する人も、背上げや高さ調整機能を使うことで、ムリな姿勢が減り、よけいな力を使わずにすみます。

  • メリット[2]

    ぐっすり眠るためのお手伝いをします。

    水平のベッドで寝ると、息苦しく感じる方はおられませんか? 特殊寝台の背上げや膝上げを使えば、呼吸がラクになり、ぐっすり眠れる方も少なくありません。

特殊寝台はここがすごい

  • 機能【1】ベッド面が上下する“昇降機能”

    ベッド面を状況に合わせて上下させれば、ベッドから下りたり、車いすに乗り移るときの動きがスムーズに。おむつの交換や清拭などの介護をするとき、ベッド面を高くすると、介護する人の腰に負担がかかりにくくなります。

  • 機能【2】上半身を起こす”背上げ機能”

    自然に座った姿勢になれるので、食事をしたり、テレビを見たりしやすくなります。水平で眠るのがつらい方は、いちばんラクな位置までご自分で背上げをし、その状態で過ごすことができます。機能[ 3 ]でご紹介する、膝上げ機能を上手に併用するとよいでしょう。

  • 機能【3】姿勢を安定させる“膝上げ機能”

    横になっているときや座っているとき、両足をぴんと伸ばすより、膝を少し曲げたほうがラクですよね。この姿勢を自然に保つのが膝上げ機能。とくに背上げしたとき、上半身がズルズル下がるのを防いでくれます。

特殊寝台選びのポイント

  • ポイント[1]

    体格に合わせてサイズ選び。ご本人に圧迫感のないものを。

    ベッドの幅や長さはご本人の体格に合わせて選びます。一般的に幅が狭いほど介護がしやすくなりますが、ご本人が狭苦しく感じないように気を配ります。

  • ポイント[2]

    ベッドのサイズはお部屋の広さに合わせて。

    まず、お部屋にムリなく入るサイズのベッドであること。ベッドまわりには、介護する人や車いすが入れるスペースや、高さ調節のためのすき間スペースなどが必要ですので、余裕をみておきます。

  • ポイント[3]

    手元スイッチはご本人が使いやすいものを。

    ベッドの動きを操作するのが手元スイッチ。ご本人がご自分で背上げやベッド面を上げ下げできることが理想です。ご本人が持ちやすく、ボタンを押しやすいものを選びます。

他のタイトルを読む

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 防災グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • ヘルスレント通信
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ