ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>福祉用具の選び方編 ポータブルトイレ

< 介護のいろはTOPに戻る

介護のいろは 福祉用具編 ポータブルトイレって、どう選べばいいの?

福祉用具の選び方編ポータブルトイレって、どう選べばいいの?

ポータブルトイレはベッドのそばに置く、ご利用者専用のトイレです。温水洗浄機能やソフト便座など、ご高齢者の体にやさしい機能が付いたものもあります。

ポータブルトイレを使うメリット

  • メリット[1]

    寝室からトイレまで歩く必要がありません。

    寝室からトイレまで遠いお宅や、トイレまで歩くのが困難な方も、ベッド横にポータブルトイレがあれば安心。とくに夜のトイレ通いは視界が悪く、段差などがあると危険です。

  • メリット[2]

    まわりにスペースをとれるので、介助がしやすくなります。

    トイレが狭くて充分な介助スペースがとれないお宅の場合、自由に動かせるポータブルトイレが役立ちます。スペースがある寝室に置けば、余裕をもって介助ができます。

  • メリット[3]

    トイレに通うときの介助の負担を減らせます。

    ベッドから下りて廊下を歩き、トイレに入ったら姿勢を保ちながらズボンを上げたり下げたり……1回のトイレ通いにはさまざまな動作があり、特に夜間の場合、ご家族の介助が大変になることがあります。ポータブルトイレを用意すると、介助がラクになるケースが少なくありません。

ポータブルトイレには、どんな機能があるの?

  • 体格・症状に合わせることが
    できる座面高さ調整機能

    小柄な方には低めの座面を、ひざに痛みがある方には高めの座面に調整しておくと、立ち座りがラクに。ベッドと座面の高さを揃えれば、乗り移りもしやすくなります。

  • 乗り移りがしやすい
    ひじかけ跳ね上げ・着脱機能

    ひじかけには座り姿勢を支える大切な役割がありますが、乗り移るときにじゃまになることも。スムーズに乗り移れない方には、一時的に跳ね上げたり、取り外したりできるタイプを選びます。

  • おしりが痛くなりにくい
    ソフト便座機能

    おしりがやせていたり、筋肉が委縮している方には、やわらかい樹脂の便座がおすすめです。排泄に長時間かかる方にも向いています。

  • おしりを洗える
    温水洗浄機能

    おしりをうまく拭けない方には、温水シャワーが出るタイプが便利です。おしりを清潔に保ち、炎症や肌のトラブルの予防につながります。

ポータブルトイレ選びのポイント

  • ポイント[1]

    ご利用者さまの体格や身体症状に合うものを。

    立ち座りがしやすく、座ったときに姿勢を安定させるには、ご本人の体格に合っていることがいちばん。肘掛の高さも調整してズボンを上げ下げしやすいことや、座り姿勢が崩れないこともチェックが必要です。

  • ポイント[2]

    設置場所を考えて、乗り移りやすいものを。

    ベッドからポータブルトイレへの乗り移りは重要なポイント。どこに置いて、どう乗り移るのか。そのとき、どんな介助が必要か。具体的に想定し、必要な機能があるものを選びます。

  • ポイント[3]

    プライバシーを守れる環境を整えます。

    たとえ介助が必要であっても、トイレは誰にも見られたくないプライベートな行為。ポータブルトイレを間仕切りで囲むなど、ご本人のお気持ちに配慮します。 消臭剤を使う、脱臭機能のあるポータブルトイレを選ぶなど、臭いへの対策も必要です。

他のタイトルを読む

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ