ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>福祉用具の選び方編 手すり

< 介護のいろはTOPに戻る

介護のいろは 福祉用具編 居室用の「手すり」って、どう選べばいいの?

福祉用具の選び方編居室用の「手すり」って、どう選べばいいの?

なかなか立ち上がれなかったり、立ったときの姿勢がふらついて安定しないとき、大きな助けとなるのが手すりです。ここでは工事の必要がなく、ご家庭で簡単に取り付けられる手すりをご紹介します。

手すり(居室用)を使うメリット

  • メリット[1]

    ベッドやふとんからの立ち上がりをサポートします。

    ベッドやふとんから立ち上がる動作は自立への第一歩。居室用の手すりはこの立ち上がり動作を助け、自力で歩いて移動するきっかけをつくります。

  • メリット[2]

    その場で方向転換したり、姿勢を保つ支えになります。

    立ち上がった後、手すりを持ったまま立ち姿勢を保つことができます。また、手すりを持ち変えることで体の向きを変えやすくなります。

  • メリット[3]

    歩いているあいだ姿勢を支え、転倒の危険を減らします。

    長さのある手すりなら、持ったまま前に進むことで移動がラクになります。ふらつきなどがあっても、手すりを握る力があれば、転倒の予防につながります。

おすすめの介護用品

  • ベストポジションバー

    ベストポジションバー

    天井と床に負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する突っ張り型手すり。

    ベストポジションバーの使い方動画 天井と床に少ない負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する手すりです。オプションの利用で、さまざまな使い方ができます。
  • たちあっぷ CKA-02

    たちあっぷ CKA-02

    ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作をサポートする手すり。

    たちあっぷ CKA-02の使い方動画 ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作のお手伝い。

手すり(居室用)のタイプ

  • “据え置き型”

    ベッドやふとんのそばに置き、
    立ちあがりをサポート。
    床に置いて使用するタイプの手すりで、ベッドやふとんからの立ち上がりに使います。ベースの部分の上にいろいろな形状の手すりがついています。

  • “据え置き組み合わせ型”

    立ち上がったあとの方向転換や
    歩き出しを補助。
    据え置き型を複数組み合わせ、その間にバータイプの手すりなどを連結させたものです。立ち上がった後の方向転換や短い移動に便利です。

  • “突っ張り型”

    上をつかんで引っ張る力で
    立ち上がりを助けます。
    床と天井の間に突っ張り棒のように手すりを設置するタイプ。上のほうをつかんで引っ張り、立ち上がる動作を助けます。壁のない場所に設置できます。

  • “突っ張り組み合わせ型”

    壁がなくても長い手すりを
    設置できます。
    突っ張り型と突っ張り型の間にバータイプの手すりを取り付けたもの。壁のない場所で横手すりなどを施工できない場合、その代わりとなります。

おすすめの介護用品

  • バディーII 床用

    バディーII 床用

    布団での離床動作や、座布団など低いところからの立ち座り動作をサポート。

    バディーII 床用の使い方動画 布団での離床動作や、座布団など低いところからの立ち座り動作をサポート。
  • たちあっぷ CKA-02

    たちあっぷ CKA-02

    ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作をサポートする手すり。

    たちあっぷ CKA-02の使い方動画 ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作のお手伝い。
  • ベストポジションバー

    ベストポジションバー

    天井と床に負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する突っ張り型手すり。

    ベストポジションバーの使い方動画 天井と床に少ない負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する手すりです。オプションの利用で、さまざまな使い方ができます。

手すり(居室用)選びのポイント

  • ポイント[1]

    押して立つ?引いて立つ?立ち上がり方に合った手すりを。

    立ち上がるとき、いすの肘掛けなどを「下へ押して」立ち上がっているのか、それとも前方にあるテーブルや家具を「手前に引っ張って」立ち上がっているのかにより、最適な手すりのタイプが異なります。 サイドバーなどのオプション部品があれば使いやすい場合もありますので、専門家に相談してみましょう。

  • ポイント[2]

    手すりの形や直径はご本人が握りやすいものに。

    一般的に手すりの形は円形タイプが主流ですが、マヒやリウマチなどで手すりをつかめない方には、手のひらや腕を置いて支えるタイプもあります。円形手すりの直径も少しずつ異なりますので、ご本人がいちばん握りやすいものを選びます。

  • ポイント[3]

    両手で握れる手すりなら、姿勢がぐんと安定します。

    体がふらつく人の場合、両手で手すりを握れば、姿勢が安定します。必要に応じて室内の複数箇所に手すりを設置したり、移動経路に沿ってバータイプを置くなど、住環境との兼ね合いで考えます。

おすすめの介護用品

  • バディーII 床用

    バディーII 床用

    布団での離床動作や、座布団など低いところからの立ち座り動作をサポート。

    バディーII 床用の使い方動画 布団での離床動作や、座布団など低いところからの立ち座り動作をサポート。
  • たちあっぷ CKA-02

    たちあっぷ CKA-02

    ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作をサポートする手すり。

    たちあっぷ CKA-02の使い方動画 ひざ、腰に負担を掛けない立ち上がり動作のお手伝い。
  • ベストポジションバー

    ベストポジションバー

    天井と床に負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する突っ張り型手すり。

    ベストポジションバーの使い方動画 天井と床に少ない負荷を加えることで、横ズレしないよう固定する手すりです。オプションの利用で、さまざまな使い方ができます。

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 描く・聴く・話す・読む五感で秋を楽しむ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんの疑問・質問
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ