ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>福祉用具の選び方編 認知症徘徊感知機器

< 介護のいろはTOPに戻る

介護のいろは 福祉用具編 認知症徘徊感知機器ってどう選べばいいの?

福祉用具の選び方編認知症徘徊感知機器ってどう選べばいいの?

認知症の方を介護するとき、ご家族にとても大きな負担となる「徘徊」。徘徊感知機器を設置することで徘徊の最初の兆候をとらえ、事前に防ぐことができます。

認知症徘徊感知機器があると、
どんなメリットがあるの?

  • メリット[1]

    徘徊の開始を感知し、ご家族へ知らせます。

    「ベッドから下りる」「部屋から出る」といった徘徊のいちばんはじめの兆候を感知。ご家族に知らせて、徘徊を見逃さないようにします。 徘徊する理由を解明するものではありませんが、初期の段階で発見することで、ご家族の心労や体力の消耗を防ぎます。

  • メリット[2]

    ベッドから離れた瞬間を捉え、転倒によるケガを防ぎます。

    歩行に不安がある方の場合、ベッドから下りた時点でご家族が見守りに行くことで、転倒などによるケガを防ぐ効果があります。

認知症徘徊感知機器には、
どんなタイプがあるの?

  • ベッドから離れたとき
    知らせるタイプ

    ベッド上や足元の床にセンサーの入ったマットを設置。ベッドから起き上がったり、ベッドから離れたりしたとき、別の部屋にいるご家族にチャイムやメロディ、ランプの光などで知らせます。

  • ドアや玄関を通過したとき
    知らせるタイプ

    玄関やドアにセンサーを設置。前を横切ったり、ドアを開閉したときに知らせます。複数の出入り口があるケースを想定し、センサーが複数用意されているものもあります。

  • ご利用者さまが携帯し、
    知らせるタイプ

    小型の発信器をご利用者さま自身が持ち、センサーの近くを通ると知らせます。ご利用者さまが発信機を外してしまわないように、お守りに入れたり、衣服に縫いつけるなど、それとわからないよう工夫する必要があります。

認知症徘徊感知機器を選ぶときのポイント

  • ポイント[1]

    ベッド? それとも玄関?設置場所をしっかり検討します。

    本人の見守りが必要なところをどこだかよく検討し、ベッドから離れた時点で知りたいのか、それとも自宅から出ていきそうな時点で知りたいのか、ご家族のニーズにより選ぶタイプが変わります。 住環境にも左右されますので、わが家のどこに設置すればいちばん効果的か、事前によく検討します。

  • ポイント[2]

    感知を知らせる方法は全員がなじみやすいものを。

    知らせる方法はチャイム、メロディ、光るランプなど、機器により異なります。音や光でご利用者さまが驚くことがないように気を配ります。 また、発信器と受信機の電波到達距離は100m程度のものが多いですが、住宅事情によっては電波が届きにくいケースもありますので、事前にチェックしておきましょう。

  • ポイント[3]

    ご利用者さまが気づきにくいデザインや形状のものを。

    認知症の方の中には慣れない機器に違和感を抱き、発信器を外したり、コンセントを抜いたりする方もおられます。なるべく目立たないデザインで、電池対応できる機器を選びましょう。いざというとき役に立つように、電池切れには日頃から注意します。

他のタイトルを読む

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ