ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>{お困りごと編}物忘れが多い方に

介護のいろは お困りごと編 物忘れが多い方に

{お困りごと編}物忘れが多い方に
物忘れは日常生活を困難にし、周囲の人を疲れさせるもの。今回は、介護の現場でよくある「同じ話を繰り返す」「日時がわからない」「トイレの場所がわからない」という症状への対策をご紹介します。
物忘れが多い方に
  • 同じ話を繰り返す方
への対処法
  • 日時がわかりづらい方への対処法
  • トイレの場所がわからない方への対処法

同じ話を繰り返す方への対処法

数分前の会話を忘れる認知症の記憶障害。

同じ話の繰り返しは、年齢を重ねると誰しも経験があること。しかし認知症の方の場合、直近の記憶から失われてしまうため、数分前に話したことすら忘れてしまいます。逆に子どもの頃や若い頃の記憶は最後まで残るため、昔の武勇伝や楽しい思い出を繰り返すように。1日に何回何十回と繰り返されると、周囲は想像以上のストレスを感じてしまいます。

耳を傾けるふりでもOK。「またその話?」は逆効果。

同じ話がはじまったら、初めて聞くように対応するのが理想です。無理なら適当にあいづちを打ち、聞き流すようにしましょう。どうしても手が離せないときは理由を説明し、「あとで聞きますね」と席を外してもかまいません。「またその話?」「前に聞きました」と指摘するのは逆効果。指摘された内容は忘れても、負の感情だけはご本人の中に残りがちだからです。

家族だけで対応せず、話し相手を増やす。

ご本人の話し相手を増やすと、同じ話を聞く回数が分散され、ご家族の負担も軽くなります。デイサービスを利用する、複数のヘルパーに訪問してもらう、親類や知人に話し相手になってもらう、傾聴ボランティアを依頼するなどの方法があります。

  • 同じ話を繰り返す方
への対処法方へ
  • 日時がわかりづらい方への対処法方には清拭を
  • トイレの場所がわからない方への対処法
  • 同じ話を繰り返す方
への対処法方へ
  • 日時がわかりづらい方への対処法
  • トイレの場所がわからない方への対処法

日時がわかりづらい方への対処法

時計が読みづらい方にはデジタル時計という方法も。

「今何時?」といつも時間を気にされる方には、ご高齢者にも見やすい時計を用意します。シンプルなデザインで文字が大きく、色づかいにメリハリがあって見やすいものを選びましょう。時計の針を読み間違いやすい方には、デジタル時計がおすすめ。暗い部屋でも光って見えますし、音声で時刻を知らせる機能が付いたものもあります。

手書きの週間カレンダーやホワイトボードを活用。

カレンダーもシンプルで文字が大きなタイプを選び、通院日やデイサービスの日を書き入れます。毎週のルーティンが決まっていれば、週間スケジュールを紙に書いて壁に貼ってもいいでしょう。市販の服薬カレンダーも薬の飲み忘れ防止に便利です。大切な用事は、ホワイトボードに大きく書いておくと安心感が増します。

完全に読めなくなったら言葉でフォロー。

大変残念なことですが、認知症が進むと時計やカレンダーも徐々に読めなくなっていきます。そんな場合、ご本人に読む練習を強いたり、プライドを傷つける言葉を口にするのはNG。認知症は「それまでできていたことができなくなる病気」。日にちや時間を繰り返し尋ねられても、その都度返事をし、ご本人が心穏やかに過ごすことを第一に考えます。

  • 同じ話を繰り返す方
への対処法方へ
  • 日時がわかりづらい方への対処法方には清拭を
  • トイレの場所がわからない方への対処法
  • 同じ話を繰り返す方
への対処法方へ
  • 日時がわかりづらい方への対処法
  • トイレの場所がわからない方への対処法

トイレの場所がわからない方への対処法

精神的ダメージが大きいトイレ以外での失禁。

認知症では「時間」の次に「場所」がわからなくなるケースが多く見られます。症状が進むと住み慣れたわが家でも、どこになにがあるのか、わからなくなることが少なくありません。とくに深刻な問題となるのがトイレ。トイレ以外の場所での失禁が増えてしまうと、ご本人やご家族に大きな負担となってしまいます。

トイレまでの経路やドアに案内の貼り紙を。

トイレの場所をわかりやすくするためには、ドアに「便所」「トイレ」「お手洗い」などと記した紙を貼ります。トイレまでの経路にも、ポイントごとに「トイレはこちら⇒」と貼り紙をします。貼り紙はご本人が見やすい位置・認識しやすい文言にすること。つねにトイレのドアを開放し、照明をつけておくのもいいでしょう。

間違えやすい場所には事前に排泄対策を。

認知症が進むと、廊下の隅や洗面所、鉢植え、ゴミ箱など、トイレ以外の場所をトイレと思い込んで排泄するケースがあります。そんな場合は介護者が早めにトイレへ誘導し、できる限り失敗を未然に防ぐこと。間違えて排泄しやすい場所には防水シートを貼り、ポータブルトイレを置いておくのも一手です。

  • 同じ話を繰り返す方
への対処法方へ
  • 日時がわかりづらい方への対処法方には清拭を
  • トイレの場所がわからない方への対処法

介護のいろはINDEX

カテゴリー別に「介護のいろは」がご覧になれます。

介護のいろはTOPに戻る

まずはカタログで介護用品をチェック!お気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ