ホーム>介護のお役立ち情報>介護のいろは>福祉用具の使い方編 ベッドから車いすへの乗り移り

< 介護のいろはTOPに戻る

介護のいろは 福祉用具使い方編 ベッドから車いすへの乗り移りはどうすればいいの?

福祉用具の使い方編ベッドから車いすへの乗り移り

人は横になった姿勢よりも座った姿勢のほうが食事がしやすく、会話も活発になります。安全に車いすへ乗り移り、座って過ごす時間を増やしたいものです。

自分で乗り移るときの動作

  • ステップ[1]

    車いすにブレーキをかけ、アームサポートを跳ね上げます。

    車いすのフットサポートを取り外し、ベッドの横に車いすを密着。ブレーキをかけ、ベッド側のアームサポートを跳ね上げます。このとき、特殊寝台のベッド面の高さを車いすの座面の高さに合わせておきます。

  • ステップ[2]

    両手でからだを支え、前かがみで立ち上がります。

    ベッド用グリップと車いすの奥にあるアームサポート(肘掛け)を両手でつかみ、おしりを浮かせ、前かがみで立ち上がります。つかまり立ちができる方なら、この動作ができる可能性が高いでしょう。

  • ステップ[3]

    からだの向きを変えて、車いすに腰を下ろします。

    ベッド用グリップとアームサポートをつかんだまま、からだの向きを変えて、車いすに腰を下ろします。完全に腰を下ろすまで、ベッド用グリップとアームサポートにつかまった手を離さないようにしましょう。車いすに座ったら、姿勢が安定するよう深く座り直します。

介助で乗り移るときの動作

  • ステップ[1]

    できるだけお辞儀の方向に介助し足に体重をかけるようにします。

    介助者は膝を曲げて腰を低くし、本人の両側の脇の下に手を入れ、本人がお辞儀をする方向に介助します。お辞儀をして足に体重をかけてから立ち上がってもらうと力が入りやすいでしょう。

  • ステップ[2]

    立ち上がった姿勢を支えながらからだの向きを変えます。

    ご本人が足に力を入れて踏ん張った時に、脇の下に入れた手を上方に介助して、立ち上がりを補助します。膝が伸びて立ち上がってから、車いすの方へ体の向きを変えます。

  • ステップ[3]

    深くお辞儀をすることを意識して膝と腰を曲げながら座る方向に介助しましょう。

    着座するときは、ご本人にお辞儀をしてもらい、足に体重がかかった状態で膝関節、股関節を曲げながら座ります。垂直に座るのではなく、お辞儀をするように意識してもらうとよいでしょう。

乗り移りをサポートする福祉用具

  • トランスファーボードおしりをすべらせて、ベッド・車いす間を移動。

    おしりを浮かすことはできなくても、おしりをすべらせることができる方に効果的な福祉用具がトランスファーボードです。ベッドと車いすのあいだに橋渡しするように置き、自力または介助を受けてボードの上をからだをすべらせ、車いすに乗り移ります。

  • 介助ベルトハンドグリップを握ることでからだを確実に支えます。

    人の身体を持ち上げる動作は、利用者も介助者も腰痛を引き起こす危険な介助方法です。介助ベルトには手で握れるハンドグリップが複数あり、ご本人がつけると支えやすく持ち上げやすくなります。介助者もつけてご本人に握ってもらうと、より安定します。

  • リフトご本人にも介助者にも負担が少なく、安全に乗り移れます。

    座る姿勢がとれない方には、寝た状態から車いすへ乗り移れるリフトという選択肢もあります。室内環境に大きく左右されますが、導入できれば介助者の負担が減り、ご本人も快適にベッドから離れることができます。

他のタイトルを読む

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ