腸内環境を整える

体の健康には、腸内にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。善玉菌のえさになりやすい水溶性食物繊維(寒天やペクチン)を摂取することで数を増やしましょう。
(出典:厚生労働省「腸内細胞と健康」)

善玉菌を増やす
食物繊維が豊富な寒天入り

サバ入りコーンスープ
筋肉を作るレシピ「サバ入りコーンスープ」

骨密度を上げ、骨格筋を増やすためには、たんぱく質、カルシウム、ビタミンD3の3点セットが欠かせません。サバ缶は良質なたんぱく質食材であり、骨まで食べられるので、カルシウムもたっぷりで、ビタミンD3も豊富。電子レンジで加熱後、スプーン1杯の「 ミルク生活 」をプラスして。サバ缶は筋肉作りを助ける必須アミノ酸・ロイシンも豊富。そして、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)も豊富です。DHAは記憶力や言語能力などの認知機能に好影響をもたらすといわれています。EPAは血管と血液の健康維持に働き、血液をサラサラにして動脈硬化を予防してくれます。スープに粉寒天を溶かすと、軽いとろみがついて喉越しがよくなります。

材料(2人分)

牛乳…200㎖
粉寒天…小1袋(2g)
水…100㎖
コーンスープのもと…2袋(19g/袋)
サバ(水煮)…小1缶(55g)

村上祥子先生からの栄養と調理のポイント

作り方

耐熱ボウルに牛乳を入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ600Wで2分加熱する。取り出して、粉寒天をふり入れ、溶けるまで混ぜる。

ほぐしたチキン

水を加えて混ぜ、ほぐしたサバ缶の身と缶汁、コーンスープのもとを加えて混ぜる。

ホワイトソースのとろみ具合 ほぐしたチキン

サバ缶の身を
ほぐして
缶汁も捨てずに
全部使う

ホワイトソースのとろみ具合

ラップはかけずに、電子レンジ600Wで2分加熱する。

サラダチキン サラダチキン

粉寒天は食物繊維が豊富。
2gでレタス約1個分の食物繊維を含んでいるので、便秘改善予防にもオススメです。

マカロニ

サバ入りコーンスープ

サラダチキンとマカロニグラタンレシピ一覧 サラダチキンとマカロニグラタンレシピ一覧