トイレでのお悩みに応える介護用品

毎日何度も行う「トイレ」でのお悩みは、そのまま生活の質にもつながりやすいもの。多くの人が様々なお悩みを抱えているため、対応した多種多様な介護用品・福祉用具があります。
トイレでは身体への負担の大きな立ち座りの動作もあるため、適切な介護用品を選んで安全に生活できる環境を整えることが大切です。

  • お悩み1

    夜中のトイレが不安

    夜中にトイレまで間に合わなかったりする際、ポータブルトイレを利用することで排泄をサポートすることができます。
    排泄の際はベッドやポータブルトイレの手すりなどをつかんでポータブルトイレへ移乗することになりますが、この動作は身体が不安定になりがちで転倒の危険も伴うもの。しかも夜中に暗い中で行う移乗は特にその危険が大きくなるだけでなく、ご利用者さまご本人も不安に感じることがあるのではないでしょうか。

    そんな方には

    トランスファーボードを利用すれば、暗い部屋でも安心。

    ベッドからポータブルトイレへ、座位のまま移乗する動作をサポートします。
    ベッドとトイレの隙間をなくし、滑るような動きで移乗できるため、暗い部屋でもベッドから安全に乗り移りできます。

    トランスファーボード

    おすすめ商品

    • 安寿 ポータブルトイレ FX-CP“ちびくまくん”
      低床ベッドにも合う座面高タイプ。オプションのトランスファーボードで移乗を手助けします。
      商品情報はこちら
  • お悩み2

    簡単に手すりを設置したい

    毎日繰り返し行うトイレでの立ち座りは、膝に大きな負担のかかる動作のひとつです。支えがなく不安定な状態では転倒につながる危険もあるため、手すりなど立ち座りを補助する介護用品を用いて安全な動作を行えるようにする必要があります。
    トイレへの手すりの設置や床のかさ上げなどは、条件を満たせば介護保険が適用される住宅改修の項目の1つにもなっていますが、工事ができない場合にはどうすればよいのでしょうか。

    そんな方には

    トイレでも、工具を使わずに設置できる手すりがあります。

    左右から挟み込むかたちで設置するから、賃貸の場合も工事不要で狭いトイレでも工具を使わずに設置が可能です。
    しかも温水洗浄便座付などを含めたほとんどの洋式便器に対応でき、トイレでの立ち座りをサポートします。

    おすすめ商品

    • 安寿 洋式トイレ用フレーム S-はねあげR
      ドアが横にあるトイレでも、介助の際に邪魔にならないはね上げ式ひじ掛け。
      商品情報はこちら
  • お悩み3

    トイレでの立ち座りがつらい

    トイレでの立ち座りは手すりなどでもサポートできますが、腕の力も必要になってきます。さらに便座の高さがご利用者さまの身長に合っていなかったり、自宅のトイレが和式だったり、介助するスペースがとれない場合には、大規模な工事を検討することもあるでしょう。
    和式トイレを洋式トイレに変更する住宅改修には条件を満たせば介護保険が適用されますが、家の構造など様々な理由から容易に工事ができないことも考えられます。

    そんな方には

    工事不要で簡単に便座をチェンジできる介護用品があります。

    便座を高くして立ち座りをしやすくしたり、和式から洋式へのチェンジなど。
    身体や設置場所の状況に合わせて簡単に設置できる便座型の介護用品は、工事期間もかからず、ワンタッチですぐに変更できる点がポイントです。

    おすすめ商品

    • ソフト補高便座
      のせるだけで簡単に座面が高くなり、立ち座りがしやすくなります。
      商品情報はこちら
    • サニタリエース HG両用式
      段差のある和式便器にかぶせるだけで洋式に。
      商品情報はこちら

商品選びに迷ったら、まずはお気軽にご相談ください。

福祉用具専門相談員が丁寧にご説明させていただきます。
カタログ請求もこちらから!

  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-100100
  • フリーダイヤル/年中無休

お見積もり・お問い合わせ

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

このページのトップへ