屋外移動のお悩みに応える介護用品

足腰が弱ってきた方は、身体の状態に応じて様々な介護用品を利用して外出することになります。その際、屋外や玄関の段差が気になったり、転倒してしまったり、心配なことも多いのではないでしょうか。
今回は安全・安心に外出を楽しむことができるような、屋外移動でのお悩みを解決する介護用品をご紹介します。

  • お悩み1

    歩行車を使っているが、
    段差が越えにくくて大変

    杖に比べてしっかりと体重を支えてくれるため、足腰が弱ってきた方の歩行をサポートできる歩行車。どの程度歩行ができるのか、どんな場所で使いたいのか、身体の状態などに応じて様々なタイプがありますが、歩行車は杖に比べて全体的に小回りが効かないため、小さな段差にひっかかったりして困ったこともあるのではないでしょうか。
    腕の力も弱くなってきたご利用者さまには、歩行車本体を持ち上げることも難しいはず。

    そんな方には

    段差乗り越えバーを使えば段差がラクに乗り越えられます。

    オプションなどを付けなくても、元々備わっている段差乗り越えバーを踏み込むことで3cm程度の段差であればラクに乗り越えることができます。
    歩行車を持ち上げたり余計な力を入れずに済むため、身体への負担も少なくなります。

    段差乗り越えバー

    おすすめ商品

    • ハンディウォーク
      段差乗り越えバーと大きな車輪で安定した歩行をサポート。
      商品情報はこちら
  • お悩み2

    今の歩行車では
    坂道や歩道でバランスを崩してしまう

    歩行車はシルバーカーとは違い、身体を歩行車の奥まで入れてグリップに体重をかけることができるため、安定感の高い歩行を実現しています。体重をしっかり預けられるため脚への負担も軽減するなど、歩行能力が低下してきた方にとって便利な介護用品です。
    しかし身体や使用場所の状態によっては歩行車の車輪が進みすぎて転倒する場合もあるなど、注意が必要です。特に坂道では歩行能力以上のスピードが出てしまい、バランスを崩して転倒しやすくなることもあります。

    そんな方には

    スローダウンブレーキにより、安定した歩行をサポートします。

    坂道などスピードが出そうな場面でもタイヤの回転を制御して速度などを調整できるスローダウンブレーキ(抵抗器)つきの歩行車で、安定した歩行をサポートします。

    後輪にスローダウンブレーキ(抵抗器)をつけることにより、歩行速度を調節できます。

    おすすめ商品

    • ウォーキー
      スローダウンブレーキ付タイプ
      スローダウンブレーキで安心。ワイヤーを使わない特殊ブレーキ構造でメンテナンスも簡単。
      商品情報はこちら
  • お悩み3

    車いすでの玄関の出入りができない

    日本の多くの住宅では、玄関にあがりかまちと呼ばれる大きな段差があります。足腰が弱ってきた方には乗り越えるのが難しいポイントになるでしょう。
    歩行補助杖や歩行車を利用するなど、ある程度歩行が可能な場合にはあがりかまち用の手すりを設置することなども選択肢のひとつです。
    しかし、車椅子のまま上がるためには、手すりだけではなく車椅子全体を持ち上げてくれるような介護用品を利用する必要があります。

    そんな方には

    車いす用リフトや昇降リフトで玄関の出入りが可能になります。

    車椅子から椅子に乗り移れる方の場合は玄関に置いておくタイプ、車椅子のまま出入りする方の場合は電源がない場所でも使用できるタイプなど、用途や状況に応じて様々なタイプがありますので、ご利用シーンに合った介護用品を選ぶ必要があります。

    おすすめ商品

    • アルコー3000B型
      玄関にスペースがない方用の昇降リフト。省スペース設計で、玄関先などのあがりかまちを安全に昇降できます。
      商品情報はこちら
    • ゼロハイトリフト150(手すり付)
      足でペダルを踏むことで徐々にリフトアップ。電源のないところでも使用できます。
      商品情報はこちら

商品選びに迷ったら、まずはお気軽にご相談ください。

福祉用具専門相談員が丁寧にご説明させていただきます。
カタログ請求もこちらから!

  • お電話でのお問い合わせ
  • 0120-100100
  • フリーダイヤル/年中無休

お見積もり・お問い合わせ

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

このページのトップへ