ホーム>介護のお役立ち情報>口腔ケア>口腔ケアに活用できる食品

口腔ケアに活用できる食品

口腔ケアに活用できる食品

監修一般社団法人 日本訪問歯科協会

チョコレートでむし歯予防!?

甘いチョコレートはむし歯の原因の最たるもので、歯の大敵というイメージがあるでしょう。しかし近年の研究でチョコレート(※)に含まれるカカオ・ポリフェノールにはむし歯は歯周病の予防に役立つ効果があることが報告されています。

※ただし、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートでは抗酸化作用を得られないため、カカオ・ポリフェノールが多く含まれるビターチョコレートがおすすめです。また、チョコレートに含まれる大量の砂糖はむし歯の原因にもなりますが、砂糖ではなく甘味料としてキシリトールを使っているものもあります。

カカオ・ポリフェノールの効用
むし歯菌(ミュータンス菌)への抗菌作用
歯周病菌に対する殺菌効果
歯垢をつきにくくさせる 
口臭を防ぐ
口内の浄化
キシリトールの効用
むし歯菌の活動を抑える
歯の再石灰化を促進する
歯を溶かす酸を作らない

むし歯予防のために、
食後はしっかり歯みがきをしましょう。

舌苔(ぜったい)にはパイナップル!

パイナップルとチョコレート

舌苔は舌の表面に食べ物のタンパク質などが固まってできた汚れです。食べたり話したり、舌が動くことである程度は落ちますが、舌の動きが鈍くなり唾液の分泌量も減る高齢者は汚れが落ちにくく、舌苔が厚くたまっていきます。また、舌苔は口臭の元になるためきちんと掃除する必要がありますが、舌クリーナーなどでゴシゴシこすると味蕾(みらい)細胞を傷つける恐れがあります。

そこで、厚い舌苔がついているときには食後のフルーツにパイナップルを食べてみてください。
パイナップルには「プロメライン」というタンパク質分解酵素がたくさん含まれており、食べたときに舌がピリピリする感じになるのは、舌の表面についたタンパク質が分解されるから。この効果で舌苔をとることができるのです。

パイナップルには歯を溶かす酸も含まれているため、
食後の歯みがきも大切です。
舌クリーナーなども活用して、舌をきれいに保ちましょう。

このページの印刷用PDFをダウンロード

まずはカタログで介護用品をチェック!お気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ