ホーム>介護のお役立ち情報>口腔ケア>正しい入れ歯の知識とお手入れ方法

口腔ケア 正しい入れ歯の知識とお手入れ方法

いつまでも美味しく食べたい、楽しく話したい!正しい入れ歯の知識とお手入れ方法

監修一般社団法人 日本訪問歯科協会

入れ歯は「一生もの」ではない!

約一千万人と言われる日本人の入れ歯人口。そのうち半数以上の人が、入れ歯が合わないと感じています。はじめは合っていても、使っていくうちに口の状態や入れ歯自体の変形などにより、違和感が出てきます。がまんして使い続ければ、あごの骨が減ってさらに合わなくなります。入れ歯は「一生もの」ではありません。少しでも違和感があれば「自分に合う入れ歯」になるよう、歯科医に相談しましょう。

合わない入れ歯を付けていると…

  • 硬いもの、歯ごたえがあるものが食べられない

  • 食が細くなり、エネルギー不足で体力や免疫力が低下する

  • 食べたり話したりすることに苦痛を感じて口を使わなくなり、口の機能が低下する

汚れた入れ歯を付けていると…

  • 入れ歯につく歯垢(デンチャープラーク)がたまり、義歯性口内炎の原因になる

  • 入れ歯による慢性的な刺激や圧迫で、粘膜や入れ歯の床縁に炎症が起こる
    (粘膜面に白い苔状の付着物が見られることもある)

  • 唾液に含まれる細菌が増え、気管に入ると誤嚥性肺炎を起こす危険がある

入れ歯のお手入れ方法

毎食後に水洗いをするのが理想的ですが、無理な場合は1日1回はていねいに洗いましょう。「総入れ歯」で汚れがつきやすいのは歯と歯のすき間や歯肉と密着する裏側。「部分入れ歯」は複雑な形をしていて汚れがつきやすいので、金具の部分まで念入りに洗いましょう。

  • 1
    入れ歯をはずします。落として破損したり、排水溝に流したりしないように、洗面器などを下に置いて水を流し、入れ歯専用のブラシで洗います。歯みがき粉はつけません。

  • 2
    やわらかいところは、スポンジやガーゼでやさしくこすります。
    片まひなどがある人は、固定できる吸盤付ブラシを使えば片手で洗えます。

  • 3
    眠る前に洗った場合は水に入れて保管します。
    3日に1回は入れ歯洗浄剤で除菌しましょう。

  • 注意
    熱湯や漂白剤につけたり乾燥させたりするのは、変色や変形のもとになるので避けましょう。

このページの印刷用PDFをダウンロード

まずはカタログで介護用品をチェック!お気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ