ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>ロコモティブシンドロームで歩く・立つことが困難に

ロコモティブシンドロームで歩く・立つことが困難に

歩く・立つことが困難になるロコモティブシンドローム

フレイルとサルコペニアとともに、ロコモティブシンドロームも身体機能が低下した状態のひとつです。これらフレイル・サルコペニア・ロコモティブシンドロームは共通点も多く、深く関わりあい、身体に悪い影響を与えるといわれています。予防・改善するためには、日頃の生活習慣を変える必要があります。特にロコモティブシンドロームは、悪化すれば寝たきりにつながる状態といわれます。元気で過ごせる健康寿命を少しでも伸ばすために、正しく知って予防に取り組みましょう。

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは?

ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和訳:運動器症候群)は、2007年に日本整形外科学会が提唱した考え方です。筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、自分一人で「立つ」「歩く」ことができなくなっている状態です。

ロコモは運動不足や低栄養、肥満、やせすぎなどの生活習慣が大きく関わっています。特に運動不足になると肥満を招き、膝や腰などの関節に大きな負担がかかり、膝痛や腰痛などを引き起こします。また、やせすぎると骨や筋肉が弱くなって、骨折を起こしやすくなります。
またロコモは、骨粗しょう症や骨折、変形性膝関節症や変形性脊椎症、サルコペニアが原因になることもあります。

ロコモのセルフチェック

次の7項目のうち、1つでも当てはまる場合は、ロコモかもしれません。

●片足立ちで靴下が履けない

●家の中でつまずいたり滑ったりする

●階段を昇るために手すりが必要

●重いモノを持つと辛い(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

●2kg程度の買い物をして持ち帰れない(1リットルの牛乳パック2個程度)

●15分くらい続けて歩けない

●横断歩道を青信号で渡り切れない

ロコモティブシンドロームの主な症状

「ロコモ度テスト」(ロコモオンライン)

みなさんがロコモであるか、よりくわしく調べる方法として、「ロコモ度テスト」もあります。下記のリンクにあるロコモ度テストを定期的に行い、身体の状態をチェックしましょう。

https://locomo-joa.jp/check/test/

ロコモを放置すると・・・

ロコモを放置すると、動きにくくなり、転倒したり、歩き方が不安定になります。また、足腰に痛みを感じるようになります。悪化すると動くことが恐くなり、自信を喪失したり気が弱くなるなど精神的な症状も出てきます。そうしたことで、ますます身体を動かさなくなり、心身の機能が低下して動けなくなる廃用症候群に発展することもあります。廃用症候群になった方は、骨がもろくなり転んだりすると要介護状態になるリスクが高まり、寝たきり状態に至ってしまいます。そうなる前に、ぜひ予防してほしいものです。

参考サイト:
公益社団法人 東京都医師会
https://www.tokyo.med.or.jp/citizen/frailty

監修:関西医療学園専門学校
理学療法学科教員 理学療法士
熊崎 大輔

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 在宅時間を豊かに快適に!便利グッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ