ホーム>介護のお役立ち情報>お悩みに応える介護用品のご紹介>お風呂でのお悩みを解決する介護用品

お風呂でのお悩みを解決する介護用品

介護する側にとって、大きな負担になりがちな「入浴」。ご利用者さまにとっても、濡れた床や壁などで滑る可能性など、心配なポイントがいくつもあるのではないでしょうか。
身体を清潔に保ち、気分転換もできる入浴はできるだけ楽しんでもらいたいもの。ここでは入浴を安全・安心に行うための介護用品をご紹介します。

  • お悩み1

    浴槽に浸かることができない

    立つことに不自由がある、浴槽をまたぐことができない、などさまざまな理由で、浴槽に浸かることができない場合があります。浴室の改修は条件を満たせば介護保険が適用される住宅改修の対象になりますが、手すりなどでは身体を支えられないご利用者さまもいらっしゃいます。
    また、入浴の介助は介助者にとっても負担の大きいもの。ご利用者さま・介助者ともにできるだけ負担の少ない入浴を行うためにはどうしたらよいのでしょうか。

    そんな方には

    昇降機能付きのバスリフトがおすすめ!

    昇降する座面つきのバスリフトで、浴槽内における立ち座り動作を安心・安全にサポートします。
    バスリフトまで移乗できればあとは電動で動かすことができるため、介助者の負担も減り、入浴がもっと手軽に!

    昇降します。

    おすすめ商品

    • バスリフト EWB
      自然なスピードで上下し、浴槽内での立ち座りをサポートします。浴槽の上にのせ固定するだけなので、工事は不要です。
      商品情報はこちら
  • お悩み2

    浴槽をまたぐのを楽にしたい

    比較的元気で立ち座りの動作などを自力で行える方でも、浴槽内での立ち上がりや浴槽をまたぐ動作は負担が大きいものです。
    介護用の住宅改修を行っていない一般的な浴室・浴槽には手すりやすべり止めなどがついていないことも多く、しっかりとつかめる場所がないため立ち上がりが不安定になりがち。また、浴室内では体温や血流などの変化も大きく、濡れた壁や浴槽が滑りやすいなど、思わぬケガにつながる可能性もあります。

    そんな方には

    浴槽台や浴槽用手すりを設置することで、浴槽内での立ち座りをサポート。

    浴槽台には座面がソフトクッションになっていたりするタイプや、滑り止め機能を重視したタイプなど、主な利用目的に応じた様々なタイプがあります。
    浴槽をまたぐための手すりも様々なタイプがあるため、ご利用者さまに合った介護用品を選ぶことが大切です。

    おすすめ商品

    • ステンレス製浴槽台R“あしぴた”シリーズ(ミニ)ソフトクッションタイプ
      横すべりが防げる二重吸盤で安心して踏み台として利用できます。狭い浴槽にも設置できるミニタイプです。
      商品情報はこちら
    • 高さ調節付浴槽手すり UST-130R
      浴槽内側に長くなっているグリップ形状が、浴槽壁が厚い場合でも浴槽内から手が届きやすいので浴槽内での立ち座りも安心です。
      商品情報はこちら
  • お悩み3

    車いすのまま自宅のお風呂に入りたい

    介助者にとって負担が大きくなりがちな入浴介助ですが、水回り用の車いすなどの浴室内でも使用できる車いすは非常に便利な介護用品です。脱衣所と浴室、どちらでも使用でき、ご利用者さまの転倒の危険も減らせます。
    しかし脱衣所と浴室への移動に段差がある場合には車椅子のまま浴室に入ることができません。浴室の住宅改修は条件を満たせば介護保険が適用されますが、様々な理由から大がかりな工事が難しい場合などもあるでしょう。

    そんな方には

    すのこの利用により、工事不要で浴室の段差を解消できます!

    住宅改修工事不要で簡単に段差を解消でき、車いすのまま浴室内に入ることができるようになります。
    さらに乾きやすい床材を使用したタイプなど様々な機能を備えたすのこがありますので、商品選びのヒントにしてみてください。

    おすすめ商品

    • 浴室すのこ(カラリ床)
      ユニットを組み合わせて、浴室の洗い場スペースにあわせることができます。
      工事不要で、敷くだけで簡単に段差解消。
      商品情報はこちら

商品が気になったらまずはカタログ請求!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

このページのトップへ