目の老化を防止する生活習慣

目の老化を防止する生活習慣

目は身体の中で比較的小さい器官にも関わらず、多くの血液を必要とします。睡眠不足や疲れ、ストレスがたまると目にまで血液が回らず、ピントが合わせづらくなることがあります。また、目は多くの酸素を消費します。酸素が必要ということは、老化の原因ともいわれる活性酸素による酸化ストレスを受けやすくなります。目の老化を防ぐには、目はもちろん、全身の酸化を防ぐ生活習慣を心がけることが大切です。では具体的に、どのようなことに気を付けたら良いか、ご紹介していきましょう。

目の老化を防ぐ習慣 8つのポイント

目の老化を防ぐ習慣 8つのポイント

1)ビタミンA・C・Eを含む食品を摂取
目の老化防止のために、抗酸化作用の高いビタミンA、C、Eが豊富に含まれている食品を摂りましょう。

  • ●リコピンが豊富に含まれる人参や、ブルーベリーなど紫色の果実、赤ワインは目の血流を促します。
  • ●サケやイクラ、エビやカニなど赤みのある魚に含まれるアスタキサンチンは抗酸化作用が高く、血流がよくなるので、眼精疲労の改善に有効です。
  • ●アーモンドなどのナッツ類は、血糖値の上昇も抑えます。ピーナッツは抗酸化作用が高い薄皮ごと食べましょう。
  • ●タコ、アサリ、カキなどに含まれるタウリンは水晶体を透明に保ちます。
  • ●サバやサンマなどの青魚に含まれるDHA・EPAは、ドライアイにおすすめです。

2)スマホやパソコンの設定に注意
スマートフォンやパソコンは、目から40cm以上離して見るようにしましょう。パソコンの画面は、目よりやや下に中央部分がくるように設置すると疲れにくくなります。また、画面が明るすぎると目が疲れるので、少し暗めに設定しましょう。さらに、スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトをカットするメガネやフィルムを使ってもいいでしょう。

3)目を休ませる
パソコンやスマホ、テレビやゲーム、読書などで目を使うときは、1時間に1回は目を閉じたり、遠くを見るなどして、目を休めましょう。

4)目薬を利用する
目のピント調節機能をサポートする目薬や、涙の分泌を助ける成分が配合された目薬などを使いましょう。

5)十分な睡眠をとる
目を休め、目に直結する脳の疲れをとるためには十分な睡眠が必要です。早く眠るように心がけましょう。

6)ストレスをためない
ストレスは自律神経にダメージを受け、目に影響が出てくるといわれます。できるだけストレスをためないようにしましょう。

7)禁煙
たばこは目の血流を悪くし、加齢黄斑変性症のリスクを高めます。

8)軽い運動
肩こり解消や気分転換を兼ねて、軽い運動やストレッチをして、目や全身の血行を改善しましょう。

手軽にできる目のストレッチ

手軽にできる目のストレッチ

目が疲れたら、次のようなストレッチを試してみましょう。

1)こめかみマッサージ
こめかみに中指と人差し指をあて、力を入れずにクルクルと円を描くように押します。

2)交互に遠くと近くを見たり、上下左右に眼球を動かす
近くを見たり、遠くを見たりする運動を交互に繰り返すと、目の中の筋肉がほぐれます。また、まぶたを大きく開いたり閉じたりしてください。また、上下左右に眼球を動かす動作を繰り返す運動も効果的です。

3)疲れ目には温かいタオル
目が疲れた場合は、温かいタオルを目の上に乗せましょう。血流が促され、緊張した目の筋肉が緩みます。一方、炎症による目の痛みや充血を和らげるには、冷やしたタオルを乗せるといいでしょう。

参考サイト:
公益社団法人 日本眼科医会
https://www.gankaikai.or.jp/health/37/01.html

全日本健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/260501

監修:にしかわ在宅クリニック
院長 西川 泰章

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 描く・聴く・話す・読む五感で秋を楽しむ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんの疑問・質問
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ