ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>4大認知症の特徴(4)「脳血管性認知症」

4大認知症の特徴(4)「脳血管性認知症」

「脳血管性(のうけっかんせい)認知症」は、脳血管の異常(脳梗塞や脳出血など)によって脳がダメージを受け、それによって起こる認知症の総称です。4大認知症における他3つの認知症とは少し異なり、特定の部位はありません。異常を起こした血管の部位により、症状も異なります。
脳血管認知症は、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの「生活習慣病」が原因となり起こるケースが多く、生活習慣病を予防することが、同時に脳血管性認知症を予防することにもつながります。

原因と症状

■原因

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血など、脳血管に起こった異常が脳に部分的なダメージを与えることで発症する。(原因となる疾病のほとんどは、生活習慣病が元になっているケースが多い)

■症状

  • ●原因となる脳血管障害によって、さまざまな認知機能の異常が起こる

  • ●脳梗塞を多発した方が発症するケースが最も多い

  • ●脳血管障害の大きさが、認知症の程度と関係してくる

症状例

症状例1症状例2

症状例

  • ●片麻痺

  • ●意欲や自発性低下

  • ●感情の障害

  • ●歩行障害

  • ●頻尿、尿失禁

  • ●構音障害(声を上手に出せない)

  • ●嚥下障害(食べ物を飲み込めない)

症状へのアプローチ方法

症状へのアプローチ方法

  • ●覚醒の変動(症状が強く現れている時と、そうでない時)に合わせて生活リズムを変更し、覚醒レベルに合わせた介入をする

  • ●脳卒中の症状を伴う場合は、脳卒中に対する
    アプローチを併用する

監修:森ノ宮医療大学
教授 横井 賀津志

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ