ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>4大認知症の特徴(1)「アルツハイマー型認知症」

4大認知症の特徴(1)「アルツハイマー型認知症」

4大認知症の特徴(1)「アルツハイマー型認知症」

認知症には大きく分けて4つの種類があり、「4大認知症」と呼ばれています。
そのうちの1つ「アルツハイマー型認知症」は、認知症の中で最も割合が多く、全体の約60%を占めるほど。主な症状である「記憶障害」によって、過去の記憶が断裂し、思い出せなくなってしまったり、日付や時間、場所などが認識できなくなる「見当識障害」の症状によって、外出先で自分のいる場所が分からなくなり、迷ってしまうことなどがあります。症状は比較的穏やかに進行することが多いです。

原因と症状

■原因

アルツハイマー型認知症 頭頂葉(とうちょうよう):位置や空間を把握する 海馬:記憶を司る/大脳辺縁系(脳の奥)も一部

脳内の特殊な異常タンパク質が増えることによって、海馬(かいば:記憶を司る部分)頭頂葉(とうちょうよう:位置や空間を把握する部分)を中心に、広範囲で脳が萎縮することによって発症する。

■症状

  • ●初期から記銘力(きめいりょく:新しい経験を受け入れ、覚え込む機能)が低下する

  • 記憶障害・判断力の低下などの中核症状が広く現れる

  • ●症状の進行は比較的穏やか

症状例

■軽度

症状例 軽度

■軽度

  • ●年月日の認識が困難になる

  • ●買い物時に支払いがうまくできなくなる

  • ●不必要な買い物をしてしまう

■中度

症状例 中度

■中度

  • ●場所の認識が困難になる

  • ●季節に合った服が選べなくなる

  • ●行動・心理症状が出てくる事が多い
    (動き回る、抵抗してしまう)

■重度

  • ●被害妄想や幻覚などが出現する

  • ●身近な人の認識が困難になる

  • ●身体機能の低下も伴い、生活全般に介護が必要になる

症状へのアプローチ方法

症状へのアプローチ方法

  • ●混乱しないよう、すぐ先の行動をわかりやすく示す

  • ●活動を分割し、単純化する

  • ●慣れた環境や、その方の普段の行動に近い状況になるよう配慮する

  • ●体が覚えた記憶を用い、役割を果たす

  • ●コントラストがあるもので理解を得る

監修:森ノ宮医療大学
教授 横井 賀津志

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 食事時間をサポートする便利グッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ