ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>認知症には種類がある 4大認知症について

認知症には種類がある 4大認知症について

「認知症」というと一括りで考えられがちですが、その発症原因や症状、症状に対する対応方法はさまざまです。しかし近年までの研究によって、それらにはいくつかの傾向があることが分かってきました。認知症全体の約9割を、大きく分けて次の4種類に分類することができ、これらは「4大認知症*」と呼ばれています。

《4大認知症》

  • ●アルツハイマー型認知症

  • ●前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症(前頭側頭葉変性症のひとつ)

  • ●レビー小体型認知症

  • ●脳血管性認知症

  • *分類の方法によっては3大認知症と表現される場合もあります

  • *これらは代表的な4つであり、その他にも認知症には様々な症状があります

脳の異常箇所と認知症の関係

認知症は「脳の病気」です。これら4つの認知症も、脳に異常が起こることによって発症します。また、異常が起きた部分と、現れる症状には深い関連性があるとされています。

■アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症

異常が起こりやすい箇所:海馬、頭頂葉を含む後方領域

  • ●記憶を司る海馬(かいば)を中心に、頭頂葉(とうちょうよう)まで。広範囲で脳が萎縮することによって起こります。

  • ●主に記憶障害や見当識(日付や時間、場所などを認識する機能)障害、判断力の低下などの症状が現れます。

■前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症

前頭側頭型認知症

異常が起こりやすい箇所:前頭葉、側頭葉

  • ●人格を司る前頭葉(ぜんとうよう)と、言語を司る側頭葉(そくとうよう)が萎縮することによって起こります。

  • ●人格が変化して思いのままに行動しようとする、言葉の理解ができなくなる、などの症状が現れます。

■レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

異常が起こりやすい箇所:海馬、後頭葉

  • ●記憶を司る海馬から、視覚を司る後頭葉(こうとうよう)までの広範囲で血流が悪くなり、機能が低下することによって起こります。

  • ●初期症状に幻視を訴えることが多く、睡眠障害が初発症状となることが多い。

■脳血管性認知症

脳血管性認知症

異常が起こりやすい箇所:脳血管(全体)

  • ●脳梗塞や脳出血など、脳内の血管に異常が起こることによって起こります。

  • ●脳梗塞を多発した方が発症するケースが最も多く、脳血管障害の大きさが認知症の程度と関係してきます。

  • ※脳血管性認知症は、脳血管の異常によって起こる認知症の総称です。

監修:森ノ宮医療大学
教授 横井 賀津志

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ