ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>認知症高齢者グループホーム・ケアハウス・養護老人ホーム

認知症高齢者グループホーム・ケアハウス・養護老人ホーム

高齢者に向けた住まいは、「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者住宅」だけではありません。症状の度合い(要介護度)に加え、認知症の症状の有無や、所得の多少などによっても、それぞれに適した住まいが選べるよう配慮されています。これらは「できる限り自立した生活を、継続して送れるようにサポートすること」を主な目的としており、現在の健康状態の維持、回復のためのサービスを、より家庭に近い環境の中で受けることができます。

認知症高齢者グループホーム

認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、排泄、食事等の介助、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行います。少人数(5~9人)の家庭的な雰囲気の中で、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します。

《主な特徴》

  • ●要支援2、要介護1~5の認知症の方が利用できる

  • ●家庭に近い雰囲気の中で、介護や支援を受けながら共同生活を送る

  • ●少人数ケアで認知症の症状進行の緩和が目的

  • ●月々の費用は、介護保険サービス費の自己負担額と居住費・食費など

ケアハウス(軽費老人ホーム)

有料老人ホームより比較的低い利用料でサービスを提供し、主に生活に対する不安のある自立〜軽度の高齢者を受け入れています。基本的には「生活」のサポートであり、介護が必要な状態になった場合、退去しなければならないケースもあります。

《主な特徴》

  • ●60歳以上(夫婦の場合、一方が60歳以上)で、自立した生活を営むことに不安があり、身寄りのない方または、家族との同居が困難な方が利用できる

  • ●要介護状態と認定された場合、介護保険の居宅サービスが利用できる

養護老人ホーム

自立した65歳以上の高齢者の方で、生活保護を受けている、または低所得などの理由によって、自宅で生活ができないなどの経済的な理由を持つ方が入所対象となります。入所には、地方自治体の審査が必要で、措置判断が必要となります。

《主な特徴》

  • ●経済的な理由などで、ご自宅での日常生活が困難な高齢者が対象

  • ●市区町村が状況や本人の健康状態を調査して、入所の可否を判定

  • ●食事や健康管理、リハビリ、レクリエーションなど、多くのサービスが受けられる

  • ●入所中に要介護認定を受けた場合には、介護保険サービスを受けることも可能

  • ●初期費用はなく、利用料は本人ならびに扶養義務者の対象収入にて決定

ここまでにご紹介した
「高齢者向け住まい」の
特徴を比べてみましょう!

ここまでにご紹介した「高齢者向け住まい」の特徴を比べてみましょう!

■高齢者向け住まいの比較一覧

要介護度 認知症の
有無
医療依存度 予算
介護付
有料老人ホーム
自立~重度 中~高
住宅型
有料老人ホーム
自立~重度 低~高
サービス付き
高齢者向け住宅
自立~重度 低~中
グループホーム 要支援2
以上
低~中
ケアハウス
(軽費老人ホーム)
自立~軽度 低~中
特別養護老人ホーム 要支援3
以上
介護老人保健施設 要支援1
以上
低~中
介護療養型医療施設 要支援1
以上
低~中
養護老人ホーム 自立~中度 ×

監修:公益社団法人 大阪介護福祉士会
会長 淺野幸子

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ