ホーム>ながら運動>ヒップアップ歩行

<ヘルスレント通信に戻る

ヒップアップ歩行

楽しく出来る ながら運動。大人のための生活筋力UP法

vol17

お尻は縁の下の力持ち ヒップアップ歩行

歩行を行う上で、お尻の筋肉は
とても重要な役割を担っています。
日常生活の中で意識して使って
スムーズな歩行を目指しましょう。

ペンギン、かまくらと人のイラスト

大殿筋(だいでんきん)や中殿筋(ちゅうでんきん)を意識しながら鍛えましょう。ヒップアップにも効果的。
立体運動。お尻の「ほっぺ」を意識して 立体運動。お尻の「ほっぺ」を意識して
1.壁や手すりなど体勢が安定する場所でまっすぐに立ちます。2.大殿筋(だいでんきん)・中殿筋(ちゅうでんきん)を締めるように意識しながら片膝をゆっくりと持ち上げます。(5~10秒ほどキープします)3.ゆっくりと元の位置にかかとを戻します。1~3の動作を4~5回くり返します。 1.壁や手すりなど体勢が安定する場所でまっすぐに立ちます。2.大殿筋(だいでんきん)・中殿筋(ちゅうでんきん)を締めるように意識しながら片膝をゆっくりと持ち上げます。(5~10秒ほどキープします)3.ゆっくりと元の位置にかかとを戻します。1~3の動作を4~5回くり返します。
座位運動。背筋・お腹(おなか)の筋肉を意識して 座位運動。背筋・お腹(おなか)の筋肉を意識して
1.かかとが地面に着く程度の高さの椅子に背筋を伸ばして浅めに座ります。2.片膝を太ももからしっかり上げます。(5~10秒ほどキープします)3.ゆっくりとあげた足を戻します。★左右の足を交互に3~5回くり返します。 1.かかとが地面に着く程度の高さの椅子に背筋を伸ばして浅めに座ります。2.片膝を太ももからしっかり上げます。(5~10秒ほどキープします)3.ゆっくりとあげた足を戻します。★左右の足を交互に3~5回くり返します。
長時間の座位はNG!骨盤のゆがみは全身に伝わり肩こりや背中の痛みまで引き起こすこともあります。「座る」という行為はお尻に体重を乗せているので、長時間継続して行うと骨盤がゆがんだり、血流(けつりゅう)が悪くなったりして、肩こりのようにお尻が「こって」しまいます。1時間以上同じ体勢で座り続ける場合は、40~50分に一度は立ち上がったり、片尻を上げて軽く叩いたりしてほぐしてあげましょう。 長時間の座位はNG!骨盤のゆがみは全身に伝わり肩こりや背中の痛みまで引き起こすこともあります。「座る」という行為はお尻に体重を乗せているので、長時間継続して行うと骨盤がゆがんだり、血流(けつりゅう)が悪くなったりして、肩こりのようにお尻が「こって」しまいます。1時間以上同じ体勢で座り続ける場合は、40~50分に一度は立ち上がったり、片尻を上げて軽く叩いたりしてほぐしてあげましょう。

監修 喜家 佳子(Zenke Yoshiko)ダンス・体操の指導歴40年近く、高齢者・障がい者・中高年(ちゅうこうねん)に優しい体操を伝えている。一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会 名誉理事。うふふ♪ビクス(楽しい介護予防・フレイル予防)を主宰。

ながら運動「ヒップアップ歩行」 ながら運動しませんか?ながら運動「ヒップアップ歩行」を動画でダスキンヘルスがご紹介いたします。

このページの印刷用PDFをダウンロード

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 食事時間をサポートする便利グッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ