ホーム>ながら運動>肩甲骨ほぐし

<ヘルスレント通信に戻る

肩甲骨ほぐし

楽しく出来る ながら運動。大人のための生活筋力UP法

vol16

強張った(こわばった)筋肉をやわらかく 肩甲骨ほぐし

寒い時期、室内で過ごす時間が多い時、
肩や背中が凝り固まっていませんか?
こわばった肩甲骨まわりをほぐして
肩・首・背中をスッキリさせましょう!

こたつと猫と、みかんを食べる人のイラスト

背中をぎゅっと。肩甲骨ほぐし運動 背中をぎゅっと。肩甲骨ほぐし運動

  • 肩甲骨とは。肩の下、背中の上部に左右対称に位置する逆三角形の平たい骨 肩甲骨とは。肩の下、背中の上部に左右対称に位置する逆三角形の平たい骨
  • 1.リラックスした状態で身体の後ろで腕を組みます。指を組みます。 1.リラックスした状態で身体の後ろで腕を組みます。指を組みます。
  • 大きく息を吸いながら、肩を開くように肩甲骨を寄せます 大きく息を吸いながら、肩を開くように肩甲骨を寄せます
  • 1.リラックスした状態で身体の後ろで腕を組みます。指を組みます。 1.リラックスした状態で身体の後ろで腕を組みます。指を組みます。

1.姿勢を正してリラックスした状態で両手を身体の横におろします。 1.姿勢を正してリラックスした状態で両手を身体の横におろします。

前後にしなやか運動 前後にしなやか運動

  • 1.姿勢を正してリラックスした状態で両手を身体の横におろします。 1.姿勢を正してリラックスした状態で両手を身体の横におろします。
  • 2.ゆっくり息を吸いながら両手を後ろ側へ向かってゆっくり上に上げます。※息が充分に据えるまで体勢をキープします。 2.ゆっくり息を吸いながら両手を後ろ側へ向かってゆっくり上に上げます。※息が充分に据えるまで体勢をキープします。
  • 3.息を吐き(はき)ながら両手をポーンと前に投げ出し、力を抜きます。 3.息を吐き(はき)ながら両手をポーンと前に投げ出し、力を抜きます。

動作を4,5回繰り返しま 動作を4,5回繰り返しま

みぞおち・おへそを引き上げるように!上半身の筋力UPで若々しさもUP!腹筋や背筋など、上半身の筋力(きんりょく)を高めることで、猫背や腰痛を予防・改善することができます。背筋がシャンと伸びて自分の足でしっかり歩ける(あるける)ようになると全身の血行が促進、筋力もアップ。身体の筋肉とつながった顔の筋肉も引き締められて、フェイスラインの引き締めにも効果が期待できます。見た目にも若々しさを みぞおち・おへそを引き上げるように!上半身の筋力UPで若々しさもUP!腹筋や背筋など、上半身の筋力(きんりょく)を高めることで、猫背や腰痛を予防・改善することができます。背筋がシャンと伸びて自分の足でしっかり歩ける(あるける)ようになると全身の血行が促進、筋力もアップ。身体の筋肉とつながった顔の筋肉も引き締められて、フェイスラインの引き締めにも効果が期待できます。見た目にも若々しさを

監修 喜家 佳子(Zenke Yoshiko)ダンス・体操の指導歴40年近く、高齢者・障がい者・中高年(ちゅうこうねん)に優しい体操を伝えている。一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会 名誉理事。うふふ♪ビクス(楽しい介護予防・フレイル予防)を主宰。

ながら運動「肩甲骨ほぐし」 ながら運動しませんか?ながら運動「肩甲骨ほぐし」を動画でダスキンヘルスがご紹介いたします。

このページの印刷用PDFをダウンロード

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 食事時間をサポートする便利グッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ