ホーム>介護のお役立ち情報>ヘルスレント通信>ながら体操 体幹トレーニング編

<ヘルスレント通信に戻る

ながら体操 体幹トレーニング編

ながら体操Vol.6
体幹トレーニング編

暮らしの中で
自由な時間を有効活用!

背中をまっすぐに意識していないと、筋肉が弱まるだけでなく、身体のバランスを保つ体幹まで歪んでしまう可能性があります。
毎日のちょっとした空き時間を活用して、正しい姿勢を保てるようにトレーニングをしましょう。
※無理せず、ご自身の体調に合わせて行ってください。

テレビを見ながら

食事を前後の休憩時に

よい姿勢づくり

  • ■立位の場合

    良い姿勢づくり 立位の場合

    • ①背筋を伸ばし、頭のてっぺんが上に引っ張られるような感じであごを引きます。
    • ②腹筋、背筋、お尻の筋肉を意識して、伸ばすように絞めます。
    • ③頭の重さがまっすぐかかとに乗るように意識します。
  • ■座位の場合

    良い姿勢づくり 座位の場合

    • ①イスに座っている表面積を少なくして、浅く腰掛けます。
    • ②背筋を伸ばし、頭のてっぺんが上に引っ張られるような感じであごを引きます。
    • ③腹筋、背筋、お尻の筋肉を意識して、伸ばすように絞めます。

背筋のストレッチで、
丸くなった背中を解消

継続することで、呼吸や発声にも良い影響があります。
いつでも気づいた時に行い、良い姿勢を心がけましょう。

    • ①足を肩幅に開き、背筋を伸ばして立ちます。
    • ②お尻を絞め、下腹を引っ込めるように意識しましょう。

    お尻を絞め、下腹を引っ込めるように意識

    • ③片手を上にあげ、横に倒しながら軽くひざを曲げます。
    • ④息を吐きながら、手を上げた側の身体の側面をゆっくりと伸ばします。
    • ⑤倒した片手を戻し、
      ①の体勢に戻ります。

    息を吐きながら片手を上にあげて横に倒し、身体の両側面を伸ばす

★反対の手でも行い、身体の両側面を伸ばします。

キャスター付きのイスはNG!

ふらつく方はイスにつかまって行いましょう。ただし、キャスター付きのイスは安定しないので危険です。

体操をする前に周りを確認!

手を広げて周囲のモノやヒトに当たらない環境で行いましょう。

このページの印刷用PDFをダウンロード

ながら体操 記事一覧

まずはカタログで介護用品をチェック!お気軽にご相談ください。

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 始まりの季節到来 春のお出かけグッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんの疑問・質問
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ