ホーム>介護のお役立ち情報>ヘルスレント通信>ながら体操 肩のストレッチ編

<ヘルスレント通信に戻る

ながら体操 肩のストレッチ編

ながら体操Vol.5
肩のストレッチ編

暮らしの中で
自由な時間を有効活用!

毎日の生活の中で、背中が丸くなったり、肩がこったりしていませんか?
同じ姿勢のまま固まってしまった筋肉はほぐす必要があります。
「テレビを見ながら」 「休憩をしながら」など、毎日のちょっとした空き時間を利用して、手軽な運動を行いましょう。
※無理せず、ご自身の体調に合わせて行ってください。

テレビを見ながら

食事を前後の休憩時に

けんこうこつの上下運動

  • 肩甲骨とは?

    肩甲骨とは?

    上背部に左右一対ある逆三角形の扁平な板状の骨。

  • ① 息を吸いながら、肩を上にあげます

    息を吸いながら、肩を上にあげる

    背筋をなるべく伸ばし、
    お腹まで空気が入るように深く呼吸をしましょう。

  • ② ゆっくりと息を 吐きながら、肩を下におろします

    息を吐きながら、肩を下におろす

    • ●息を吐く時は 吸う時より「ゆっくり・長く」を意識しましょう。
    • ●①②を3〜5回程度繰り返しましょう。

けんこうこつ骨の前後運動

  • 息を吸いながら肩甲骨を寄せるように胸を張り、息を吐きながら肩甲骨を開くように背中を丸める

    ① 肩幅程度に足を開いてまっすぐに立ちます

    ② ゆっくりと息を吸いながら
    肩甲骨を寄せる感じで胸を張ります

    ★肩甲骨を意識しながらゆっくりと寄せる

    ③ ゆっくりと息を吐きながら
    肩甲骨を開くように背中を丸めます

    ①〜③を3回程度繰り返しましょう。

    ★肩甲骨の動きを感じながら背中を丸める

けんこうこつの前後運動

  • ①右手を右肩に、左手を左肩に軽くのせます

    右手を右肩に、左手を左肩に軽くのせる

    • ●立位の場合…肩幅程度に足を開いてゆったりと立つ。
    • ●座位の場合…イスに軽く腰をかけ背筋を伸ばす。
  • ② ひじの先で円を描くように
    ゆっくり大きく前に回します

    ひじの先で円を描くようにゆっくり大きく前に回す

  • ③ 今度は後ろに向けゆっくり大きく回します

    ひじの先で円を描くようにゆっくり大きく後ろに回す

    前後それぞれ10回程度ずつ回しましょう。

このページの印刷用PDFをダウンロード

ながら体操 記事一覧

まずはカタログで介護用品をチェック!お気軽にご相談ください。

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 寒い日はお家の中から快適に 冬のあったかサポートグッズ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんの疑問・質問
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ