ホーム>介護のお役立ち情報>疾患別 福祉用具の使い方>高齢者に多い疾患 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の症状とおすすめ福祉用具

毎日の暮らしをもっと快適に♪ 疾患別 福祉用具の使い方 vol.7

高齢者に多い疾患 その7 腰部脊柱管狭窄症

どんな病気?

脊柱管狭窄症は加齢や重労働、あるいは背骨の病気による影響などで、骨や関節が変形したり、椎間板や靭帯が硬く飛び出すことで、神経やその周りの血行を阻害することにより症状が出る病気で、60歳以上の高齢者に多く見られます。
脊柱管は背骨や椎間板、関節、靭帯などで囲まれた脊髄の神経が通る細い管です。老化で背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、靭帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなり(狭窄)、神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。
また、背骨を後ろに反らせると脊柱管が狭くなり、前にかがむと広がるため、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が起こります。

腰部脊柱管狭窄症

なぜ起こるの?

脊柱管狭窄症は頸椎と腰椎に起こりやすく、脚の痛みやしびれが生じます。加齢に伴い脊椎間のクッションの役目をしている椎間板の弾力性が失われ、脊柱管を取り囲む組織の変形が起こりやすくなります。
日頃から長時間の運転や重いものを抱える作業などに従事し、腰に負担がかかっている人は腰部脊柱管狭窄症を起こしやすいので注意が必要です。

腰部脊柱管狭窄症のメカニズム

腰部脊柱管狭窄症のメカニズム

症状

  • ● 下肢の痛み(坐骨神経痛など)
  • ● 下肢のしびれや異常感覚(灼熱感など)
  • ● 間欠跛行(かんけつはこう)
  • ● 腰痛
  • ● 排尿・排便障害(頻尿、残尿、失禁など)
  • ● その他(下肢脱力、間欠陰茎勃起、陰部のしびれなど)

腰部脊柱管狭窄症では、下肢の痛みやしびれなどに加え、間欠跛行や排尿、排便障害などが発現しやすくなります。

【日常生活で姿勢を正しく保つことが必要】

神経の圧迫は、腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぎます。歩くときには杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。そうすると楽に歩けます。
また、自転車をこぐことも痛みが起こりにくいので、良い運動になります。

ワンポイントコラム

椎間板ヘルニアとの違い

足の痛みやしびれを伴う代表的な病気は腰部椎間板ヘルニアです。腰部椎間板ヘルニアは、椎間板がつぶれたり飛び出したりすることで神経が圧迫され、腰から足にかけてしびれを起こします。腰部脊柱管狭窄症と異なり、比較的若い年代が仕事やスポーツを契機に発症することが多く、前かがみになると痛みが増強することが多い特徴があります。

椎間板ヘルニア

比較的若い世代
前かがみになると痛みが増強する

腰部脊柱管狭窄症

高齢者
前かがみになると楽になる

商品が気になったらまずはカタログ請求!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • ヘルスレント通信
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ