ホーム>介護のお役立ち情報>疾患別 福祉用具の使い方>高齢者に多い疾患 パーキンソン病

パーキンソン病の症状とおすすめ福祉用具

毎日の暮らしをもっと快適に♪ 疾患別 福祉用具の使い方 vol.5

高齢者に多い疾患 その5 パーキンソン病

どんな病気?

パーキンソン病とは脳の異常のために起こる神経変性疾患で、身体の動きに障害が現れる病気です。現在、わが国には10万人以上の患者さんがいると推定されています。高齢者に多くみられる病気ですが、若い方でも発症することがあります。
パーキンソン病は何年もかけてゆっくりと進行する病気で、初期症状は「ふるえ(振戦)」「固縮」「無動」「姿勢反射障害」の4つが特徴です。
また、これらの症状によって、幻覚・幻聴・うつ症状、認知症などの精神症状や嚥下障害、姿勢異常などの運動障害が生じます。
現在、完治する治療法はありませんが、症状を遅らせることはできます。まずは専門医を受診しましょう。

パーキンソン病

なぜ起こるの?

原因は脳内のドーパミンという物質の不足によるものです。わたしたちが体を動かすとき、脳の大脳皮質から全身に運動指令が伝達されます。このとき運動の調節 を指令しているのが「ドーパミン物質」です。このドーパミン神経が減少すると、パーキンソン病を引き起こし運動の調節がうまくできず、身体の動きにも障害が現れるのです。

パーキンソン病の初期症状は4つ

  • 手足のふるえ (振戦)

    安静時に手や足に細かなふるえが生じる。

    手足のふるえ (振戦)

  • 手足のこわばり (固縮)

    腕や足を動かそうとすると、関節がカクカクするような抵抗が感じられる。

    手足のこわばり (固縮)

  • 動作が緩慢 (無動)

    歩く速度が遅くなり、歩幅も狭くなる。また、腕の振りも小さくなる。

    動作が緩慢 (無動)

  • 転びやすくなる (姿勢反射障害)

    重心がぐらついたときに姿勢を立て直すことができず、そのまま倒れてしまう。

    転びやすくなる (姿勢反射障害)

【「不安」が症状悪化につながる】

パーキンソン病によって、身体がスムーズに動かせなくなると、生活の中でのストレスが大きくなります。
「また失敗した。次も失敗するのではないか」という不安が、活動意欲を低下させ、さらなる症状悪化を招くことにもつながるのです。不安な気持ちはできるだけ自分1人で抱え込まず、何に対して不安なのかを周囲の方に伝え、共有してもらうようにしましょう。

ワンポイントコラム

神経の障害に伴い、さまざまな症状が現れます。

パーキンソン病では黒質のドーパミン物質の減少に加え、他の中枢神経や自律神経もダメージを受けます。これにより手足の震えなどの代表的な症状に加え、神経症状や自律神経の障害が現れることもあります。

神経症状
「抑うつ」や「幻覚」を伴う場合があります。また、高齢で重度の患者さんでは「認知症」を合併することもあります。
自律神経障害
最も多いのは「便秘」で、患者さんの8割程度にみられます。

商品が気になったらまずはカタログ請求!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 入浴グッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 気になる病気
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ