筋肉を作る

たんぱく質は体作りの大切な栄養素です。
筋肉、肌、髪、爪、体の全てはたんぱく質からできているので積極的に摂っていきたい栄養素です。
しかしながら1回の食事で体が分解できるのは30gまで。
それ以上は体が吸収できずに排出するために逆に内臓に負担がかかってしまいます。

自然界も春!
私たちも心新たに体づくりを!

サラダチキンとマカロニのグラタン
サラダチキンとマカロニのグラタン完成写真

鶏ムネ肉に含まれるイミダゾールジペプチドには、抗酸化作用、疲労回復作用とともに、記憶機能の低下を防ぐ働きもあります。
そして何より、筋肉を作る力が強いのです。
ホワイトソースは高度成長期を経験したシニアには懐かしい味。

ほぐしたチキン

チキンはほぐしてかみやすく、
のみ込みやすくします。

ホワイトソースのとろみ具合

ホワイトソースはとろみがついて
喉越しが良くなります。

材料(2人分)

サラダチキン(市販品)…100g
マカロニ(乾)…50g
小松菜…50g

A バター(有塩)…大さじ2
 小麦粉…大さじ1

牛乳…1と1/2カップ
塩、こしょう…各少々
ピザ用チーズ…20g

サラダチキン

サラダチキン

マカロニ

マカロニ

作り方

下準備

サラダチキンは幅3㎝に切ってポリ袋に入れ、めん棒でたたいてつぶし、袋から出して細かくほぐす。
マカロニはやわらかめにゆでて1〜1.5㎝幅のざく切りにする。小松菜はゆでて幅1.5㎝に切り、葉は切り口に直角に幅1.5㎝に切っておく。

サラダチキンをめん棒でたたく

めん棒で叩くことでかみやすく、
のみ込みやすくなります。

耐熱ボウルに A を入れ、電子レンジ600Wで1分加熱。取り出して泡立て器で混ぜ、牛乳を2回に分けて加えて溶きのばす。電子レンジに戻し、5分加熱。途中で一度取り出して混ぜる。

牛乳を2回にわけて作業する

焼く

❷に❶を加え、塩、こしょうで味を調える。サラダ油を薄く塗ったグラタン皿に入れ、チーズを散らす。オーブントースターで、フツフツと煮立ち、表面がきつね色になるまで焼く。

すべての具材を混ぜ合わせる

グラタン皿に入れチーズをのせて焼く

サラダチキンとマカロニのグラタン

サラダチキンとマカロニグラタンレシピ一覧 サラダチキンとマカロニグラタンレシピ一覧