外に出て歩くことは、一石二鳥のフレイル予防。もっと気軽に「杖」を使ってみませんか

杖を使うとなると「そこまでの年ではない」と敬遠される方が多いようです。
でも、歩行が不安で外出や活動量が減っている方はご注意ください。
それもフレイル状態を招く一因になることがあります。

最近の杖は、おしゃれでスマート。
頭から敬遠せずに、気軽に毎日のなかに取り入れませんか。

こんな方におすすめ

  • バランスを取るのが難しい

    バランスを
    取るのが
    難しい

  • 長距離歩くと疲れる

    長距離歩くと
    疲れる

  • 足などに痛みがある

    足などに
    痛みがある

歩行補助杖を使うメリット

  • 体を支える面積が広がり、ふらつきにくくなる。

    体を支える
    面積が広がり、
    ふらつきにくくなる。

  • 歩きにリズムが生まれ、安定感が高まる。

    歩きに
    リズムが生まれ、
    安定感が高まる。

  • 足腰にかかる荷重が減り、歩きやすくなる。

    足腰にかかる
    荷重が減り、
    歩きやすくなる。

コンディションに
合わせて選べるタイプ

  • 歩行に少し
    不安がある方

    T字杖のイラスト

    T字杖

    T字型のグリップと1本のシャフトからなる、もっとも一般的なタイプ。
    <介護保険適用外>

  • 握力が弱い方

    ロフストランド杖のイラスト

    ロフストランド杖

    体重を支えるグリップと腕を固定して支えるカフ(前腕を通す「輪っか」)を備えています。

  • 筋力が低下
    している方

    多点杖のイラスト

    多点杖

    3〜4本に分かれた足を持ち、安定性に優れています。平らな場所でしか使えないものもあります。

基本をおさえて、安心&快適に使いましょう。基本をおさえて、安心&快適に使いましょう。

杖の合わせ方

杖の長さ調節は大切です。
ひとりで不安なときは、
他の人に手伝ってもらいましょう。

靴をはき、両手を垂直に下ろします。グリップを手首、もしくは足の付け根の出っ張ったところ(大転子(だいてんし))の高さに調整。足の斜め前方15cmのところに杖をついたとき、ひじの角度が約30度になるように。 靴をはき、両手を垂直に下ろします。グリップを手首、もしくは足の付け根の出っ張ったところ(大転子(だいてんし))の高さに調整。足の斜め前方15cmのところに杖をついたとき、ひじの角度が約30度になるように。

  • 1靴をはき、両手を垂直に下ろします。
  • 2グリップを手首、もしくは足の付け根の出っ張ったところ(大転子)の高さに調整。
  • 3足の斜め前方15cmのところに杖をついたとき、ひじの角度が約30度になるように。

杖の持ち方

手順1の写真

  • 1
  • グリップの短い方に人差し指、長い方に中指等をかけ支柱を挟むように持ち上げる。

手順2の写真

  • 2
  • そのまま握って、手首を返す。

歩き方

杖は、足の痛みのない側の手に持ちます。
(痛み等ない場合は、利き手に)

3動作歩行は常に足と杖2点で体重を支える安定性の高い歩き方。初めて杖を使う方やゆっくり歩きたい方におすすめ3動作歩行は常に足と杖2点で体重を支える安定性の高い歩き方。初めて杖を使う方やゆっくり歩きたい方におすすめ

  • 1.杖を前に出す。

  • 2.痛い方(反対側)の足を出す。

  • 3.良い方の足を出し、そろえる。

2動作歩行はバランスと歩行速度(スピード)を得やすい歩き方。杖に慣れている方や足に痛みのない方におすすめ2動作歩行はバランスと歩行速度(スピード)を得やすい歩き方。杖に慣れている方や足に痛みのない方におすすめ

  • 1.杖を前につきながら、痛い方(反対側)の足を出す。

  • 2.良い方の足を出し、そろえる。

お部屋でも杖を使いましょう。

少しでも歩きに不安があるときは、
屋内でも杖を。
立ち上がるときなど安心です。

杖の室内使用イメージ

フレイル予防のポイントと
チェックリストはこちら

歩行補助杖の商品を見る

  • T字杖(販売)T字杖(販売)
  • ロフストランド杖 多点杖(レンタル)ロフストランド杖 多点杖(レンタル)

関連コラムを読む

  • 歩行補助杖の選び方歩行補助杖の選び方
  • 屋外移動のお悩み屋外移動のお悩み
  • 屋内移動のお悩み屋内移動のお悩み