ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>骨粗しょう症になっても転倒・骨折しないために

骨粗しょう症になっても転倒・骨折しないために

骨粗しょう症になっても転倒・骨折しないために

骨粗しょう症で最も恐いのは、転倒による骨折です。骨粗しょう症の人は身体機能が低下しているので、外出時や家の中で転倒を防ぐ生活を心がけましょう。では、どこに気をつければいいのでしょうか。高齢者は屋外より屋内で事故が発生することが多いというデータ※があります。まずは滑りやすい床や暗い廊下、手すりの不備など、住宅の構造を点検しましょう。そして、外出時も注意して歩きましょう。

出典:
独立行政法人国民生活センター
「医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故-高齢者編」より

家の中での転倒に注意

家の中で、よく転倒事故が発生する場所は、居室、階段、玄関、洗面所や浴室などです。わずかな段差も、つまずく可能性があるので、身の回りをチェックして安全性の高い住まいにしましょう。

リビング・居室

リビング・居室での転倒に注意

照明を取りつけて、明るくします。また部屋の中の整理整頓を心がけ、つまずくようなものを床に置かず、ものをまたいだり不安定なものにつかまらないようにします。

フローリング床は磨きすぎず、カーペットを敷く場合は部屋全体に敷いて縁がめくれないように両面テープで固定します。そして電気コードは部屋の隅やカーペットの下に通します。イスの脚には滑り止めをつけ、引き戸や開き戸にはストッパーを取りつけます。

寝室

ベッドは転落しないように幅広タイプで、腰かけて足が着くくらいの高さを選びます。ふとんカバーは足をとられないよう全体を包むタイプにしてください。

浴室・脱衣所

浴室・脱衣所での転倒に注意

浴室には手すりを取り付け、床には滑り止めマットを全面に敷きます。脱衣所の床はものを置かないように片付けて広いスペースを確保します。浴槽に入るときに腰掛けられる入浴台(バスボード)やイスを用意しておきましょう。

トイレ

トイレは洋式便器に替えて、ドアは外開きや引き戸にしましょう。また手すりを取りつけ、敷居の段差を解消します。

階段・廊下・玄関

廊下や階段には手すりを取り付け、足元にフットライトを設置しましょう。階段の滑り止めは、逆につまずきの原因になることもあるので注意が必要です。玄関の上がり框(あがりがまち)には踏み台を置き、玄関マットは敷かないようにしましょう。

外出時の注意

外出時の注意

  • ●サンダル・スリッパを履かない
  • ●簡単に履いたり脱いだりできる靴を選ぶ
  • ●軽くて、底がやわらかい靴を選ぶ
  • ●ヒールのある靴はできるだけ履かない
  • ●滑りにくいものを選ぶ

服装や荷物

  • ●裾を踏んだり、からみやすい服を避ける
  • ●両手が自由になるようにリュックやショルダーバッグ、
    ボディバッグなどを活用する
  • ●大きな荷物を持たない

行動

  • ●時間に余裕を持ったスケジュールで
  • ●滑りやすい雨や雪の日は、できるだけ外出を避ける
  • ●夜間の外出をできるだけ避ける
  • ●昼間でも暗い場所を避ける
  • ●階段では手すりを利用する
  • ●必要に応じて杖を利用する
  • ●凹凸のある路面やタイルのはがれ、マンホールなどの段差に注意する

監修:関西医療学園専門学校 理学療法学科
理学療法士 熊崎 大輔

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはご相談ください。

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 運動不足が気になる方に!おうちトレーニングでフレイル予防
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ