ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>頻発する風水害に備えるために「事前の準備編」

頻発する風水害に備えるために「事前の準備編」

頻発する風水害に備えるために「事前の準備編」

わが国では夏から秋にかけて台風が接近・上陸し、大雨・洪水・暴風・高潮などをもたらすことが多く、特に近年では地球温暖化の影響か、大型で強い台風が日本に接近・上陸したり、短時間に狭い範囲で激しい雨が降る、いわゆるゲリラ豪雨も頻発したりしています。
風水害は川の氾濫や崖崩れ、強い風による物の飛散などにより生命に危険を及ぼす場合もあります。このような風水害から身を守るために、日頃から意識を持ち、事前に準備しておくことが大切です。

1.川や海が遠くても安心はできない

河川の氾濫や高潮による被害のニュースが大きく報道される一方、市街地の浸水も伝えられるようになりました。浸水は台風や集中豪雨で河川が氾濫する「外水氾濫」のほか、「内水氾濫」によっても発生します。「内水氾濫」とは大雨で排水路や下水道の能力を超え、市街地に水があふれだすことです。川や海が近くにない地域でも、「ここなら浸水は関係ない」と考えず備えておきましょう。

2.お住まいの地域の
「ハザードマップ」を確認

お住まいの地域の「ハザードマップ」を確認

台風や大雨で、お住まいの地域にどのような危険性があるかを、各自治体のハザードマップで確認しておきましょう。ハザードマップには地震、津波、高潮など数種類がありますが、「洪水ハザードマップ」では、水に浸かると予想される地域を浸水の深さごとに色分けして示しています。(外水氾濫ハザードマップと内水氾濫ハザードマップの2種類が用意されている場合もあります)
また、崖崩れの発生が予想される地点や、避難所の位置・連絡先の情報なども掲載されているので確認しておきましょう。

ハザードマップは各自治体サイトの他、国土交通省のサイトからもアクセスできます。

国土交通省ハザードマップポータルサイト:
https://disaportal.gsi.go.jp/

3.避難場所までのルートを歩いて確認

避難場所までのルートを歩いて確認

家から避難場所までを実際に歩いて道順を確かめたり、途中にある危険箇所や、いざという時に逃げられる高い建物などを確認して、必要であれば写真に撮っておきましょう。このような調査は、ご夫婦や親子、近所の人と一緒に実践することがポイントです。お互いに気づいたことなどを話し合いながら行いましょう。
ルートの調査が終わったら、ハザードマップに写真を貼ったり、注意する点を書き込んで、オリジナルマップを作るのも有効です。マップを見て家族で話し合い、万一の時の連絡方法などを決めておきましょう。

その他、お住まいの地域で過去に起こった浸水や土砂災害について調べておくと、大まかな目安として災害発生の危険性を把握できるかもしれません。屋根瓦や外壁のヒビ割れや雨漏りがないかを確認し、問題があれば早めに補修しておきましょう。

監修:関西大学社会安全学部
准教授 城下 英行

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはご相談ください。

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 運動不足が気になる方に!おうちトレーニングでフレイル予防
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ながら運動
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんへの最新情報
      • 動画ムービー
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ