ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>介護保険適用の在宅サービス【地域密着型サービス】

介護保険適用の在宅サービス【地域密着型サービス】

介護保険が適用されるサービスについて、「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」「住環境改善サービス」の4つをこれまでにご紹介してきました。しかしそれで全てではありません。個々に対する4つのサービスに加えて、各地域ごとに住まう要介護者をサポートするサービスもあります。これは「地域密着型サービス」と呼ばれます。サービス範囲を小規模に分け、それぞれの地域に適したサービスを設けることによって、より細かく要望に応えていくことができるよう配慮されています。

地域密着型サービス

要介護者が、それぞれの住み慣れた地域で安心して生活が維持できるような介護サービスを提供します。サービスを執り行う事業者の決定や指導などは、各市区町村によって行われます。

  • 地域密着型サービス① 
    夜間対応型 訪問介護

    地域密着型サービス① 夜間対応型 訪問介護

    夜間の定期的な訪問や、緊急時の随時訪問による介護などを24時間体制で行うサービスです。訪問介護員(ホームヘルパー)が要介護者の自宅を訪問し、食事、入浴、排泄など、できる限り自立した生活が行えるようサポートします。

    夜間対応型訪問介護サービスには、1日のうち複数回定期的な訪問を行う「定期巡回」と、利用者からの要請を受けて訪問する「臨時対応」の2種類があります。

  • 地域密着型サービス② 
    認知症対応型 通所介護

    地域密着型サービス② 認知症対応型 通所介護

    認知症の方を対象に、デイサービスなどの専門の通所介護施設で食事や入浴、排泄の介助、リハビリやレクリエーションなどを提供するサービスです。通常のデイサービスとは異なり、「利用者の定員は12名以下であること」「認知症に関する知識を持った職員が対応する」などの特徴があります。

  • 地域密着型サービス③ 
    小規模多機能型 居宅介護

    地域密着型サービス③ 小規模多機能型 居宅介護

    介護保険適用の主なサービスである「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」を1つの拠点で総合的に受けることができるサービスです。

    利用者は施設への通いや宿泊、自宅に戻った場合には訪問介護員に訪問を希望することもできます。
    自宅での日常生活の支援に加え、施設での地域住民との交流やリハビリを通して、できる限り自立した生活が行えるようサポートします。

  • 地域密着型サービス④ 
    認知症対応型 共同生活介護(グループホーム)

    地域密着型サービス④ 認知症対応型 共同生活介護(グループホーム)

    認知症の方を対象に、少人数(5~9人)で共同生活を行いながら、リハビリやレクリエーションなどを提供するサービスです。(必要な方には食事や入浴、排泄の介助も行います)24時間の見守り体制で、家庭では対処しきれない行動症状などにも対応します。

    集団で生活を行うことで、それぞれに役割を分担しながら自立した生活を継続し、症状の進行を遅らせることを目的としています。

  • 地域密着型サービス⑤ 
    地域密着型 特定施設 入居者生活介護

    地域密着型サービス⑤ 地域密着型 特定施設 入居者生活介護

    利用人数29人以下の小規模な有料老人ホームなどにおいて、食事や排泄の介助、リハビリやレクリエーションなどを提供するサービスです。

    利用人数が少人数に設定されているため個々に対応しやすく、より快適に生活できる環境になっています。

  • 地域密着型サービス⑥ 
    地域密着型 介護老人福祉施設 入居者生活介護

    地域密着型サービス⑥ 地域密着型 介護老人福祉施設 入居者生活介護

    利用人数29人以下の小規模な特別養護老人ホームにおいて、食事や排泄の介助、リハビリやレクリエーションなどを提供するサービスです。

    利用人数が少人数に設定されているため個々に対応しやすく、より快適に生活できる環境になっています。

監修:公益社団法人 大阪介護福祉士会
会長 淺野幸子

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

カテゴリごとの記事

カテゴリ一覧

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報

このページのトップへ