ホーム>介護のお役立ち情報>暮らしと健康ライブラリ>40年ぶりの民法大改正!「相続に関する6つの改正ポイント」

40年ぶりの民法大改正!「相続に関する6つの改正ポイント」

40年ぶりの民法大改正!「相続に関する6つの改正ポイント」

2018年7月から相続に関係する民法が40年ぶりに大幅に改正され、2019年1月から7月にかけて順次施行されています。今回の民法改正のポイントは次の6つです。

  • 1)自宅に配偶者がそのまま住めるように
  • 2)結婚20年以上の夫婦が自宅を贈与する場合、遺産分割の対象外に
  • 3)自筆証書遺言書の一部が
    パソコンで作成可能に
  • 4)自筆証書遺言書を
    法務局に預けることが可能に
  • 5)長男の妻も財産を取得可能に
  • 6)故人の預貯金を引き出せることに

① 自宅に配偶者がそのまま住めるように
(2020年4月施行予定)

自宅に配偶者がそのまま住めるように

夫が亡くなった場合、財産を配偶者と子が1/2ずつ相続しますが、配偶者が自宅に住み続ける場合、預貯金をほとんど相続できず生活費が足りなくなるケースがありました。
そこで自宅の相続を「自宅を所有する権利」と「自宅を使う権利」に分け、配偶者が自宅に住む権利を優先的に認めることにしました。

事例:夫が残した財産が2000万円の自宅と
3000万円の預貯金だった場合

  • ●改正前
    妻の相続分:自宅(配偶者が住み続ける)2000万円、預貯金500万円
    子の相続分:自宅0円、預貯金2500万円
  • ●改正後
    妻の相続分:自宅(住み続ける)使う権利1000万円、預貯金1500万円
    子の相続分:自宅を所有する権利1000万円、預貯金1500万円

② 結婚20年以上の夫婦が自宅を贈与する場合、
遺産分割の対象外に

婚姻関係が20年以上ある夫婦が相手に自宅を譲渡した場合、2000万円までは贈与税がかからない特例があります。ところが、この制度を使って夫が自宅を妻に生前贈与した場合でも、その贈与はなかったものにして相続の取り分を決めなければいけませんでした。
そこで、税金の特例に合わせる形で結婚20年以上の夫婦間で自宅の贈与をした場合には、贈与した自宅は対象にしなくてよいことになりました。

事例:夫の財産が2000万円の自宅と3000万円の預貯金で、
合計5000万円だった場合

  • ●改正前
    住み続ける自宅は生前贈与されていても、夫の財産を5000万円と計算。
    妻の相続分:自宅(住み続ける)2000万円、預貯金500万円
    子の相続分:自宅0円、預貯金2500万円
  • ●改正後
    2000万円の自宅はすでに贈与されていることから、取り分の計算の対象にはせず、3000万円の預貯金を配偶者と子どもが1/2ずつ分けます。
    妻の相続分:自宅(生前贈与済・住み続ける)2000万円、預貯金1500万円
    子の相続分:自宅0円、預貯金1500万円

③ 自筆証書遺言書の一部がパソコンで作成可能に

自筆証書遺言書の一部がパソコンで作成可能に

これまで遺書は、すべて自分で手書きしなければならず大変な作業になっていました。(預金であれば銀行名・支店名・預金の種類・口座番号、不動産なら登記簿謄本に記載されている情報)
そこで財産目録はパソコンで作成できるようになり、不動産であれば全部事項証明書(登記簿謄本)、預貯金であれば通帳の表紙のコピーなどでも認められるようになりました。一度作成した遺言書を書き直すなどの手間が減ります。

④ 自筆証書遺言書を法務局に預けられる
(2020年7月施行予定)

遺産分割の話になったとき、「遺言書が見つからない」「聞いていた内容とちがう」というトラブルが起こってしまいます。そこで遺言書を法務局で保管する仕組みができました。法務局に預けている場合は、これまで必要だった「検認」手続きも不要になります。

⑤ 長男の妻も財産を取得可能に

長男の妻が義理の親の介護をしていた場合の例です。長男が親よりも先に亡くなってしまうと、長男の妻は相続財産を受け取ることはできませんでした。その苦労に報いるため、相続人に対して金銭の請求ができるようになりました。

⑥ 故人の預貯金を引き出せることに

亡くなった人の預貯金は、相続人全員の同意をとるか、遺産分割協議が終わらないと引き出すことができません。そのため、葬儀費用や医療費など、緊急で必要な資金を引き出せない問題がありました。
今回の法改正によって一定額については相続人が単独で引き出せるようになりました。預貯金を引き出すには、「金融機関に直接依頼する方法」と「家庭裁判所に申し立てをする方法」の2つがあります。

監修:ナガムネFP事務所
一級FP技能士・CFP® 長棟 治夫

「参考になった!」
と思ったら共有しよう☆彡

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

その他の読み物一覧

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

気になる言葉で記事を検索気になる言葉で記事を検索
今月よく読まれている記事今月よく読まれている記事
    タグ一覧タグ一覧

      登録無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

      介護のお役立ち情報
      • 描く・聴く・話す・読む五感で秋を楽しむ特集
      • 介護のお役立ち情報
      • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
      • 介護初心者必読!介護のいろは
      • 疾患別福祉用具の使い方
      • お悩みに応える介護用品のご紹介
      • 脳のトレーニングにチャレンジ
      • ヘルスレント通信
      • ケアマネジャーさんの疑問・質問
      メルマガ
      • 会員登録
      • ログイン

      このページのトップへ