ホーム>2020カレンダー>和布パッチワーク

【2020カレンダー】1月和布パッチワーク・猫のキーホルダー

1月和布パッチワーク・猫のキーホルダー

和布パッチワーク・猫のキーホルダー

ボタンやアップリケで、のびのび楽しく作る猫のチャーム。とにかく自由!がキーワード。個性豊かに思いのままに作るのがポイント。小さな古布やお洋服のハギレも活かして「思い出」もパッチワーク。世界でひとつのマスコットチャーム。

用意するもの。ハギレ適宜。ツギハギで15cm四方程度のベース生地2枚出来る程度の布。部分用記事適宜。猫の鼻周りや手織り生地、鼻とホルダー部分は合成皮革を利用。ボタン、中綿、金具類や道具。今回は回転カンやタックボタンなどを使っています。

右側水色目猫のベースの作り方

  • 作り方1.ベースとなるツギハギ生地を作ります。お好みのハギレを適当につなぎ合わせて15cm×15cm程度の布を2枚作る。 作り方1.ベースとなるツギハギ生地を作ります。お好みのハギレを適当につなぎ合わせて15cm×15cm程度の布を2枚作る。
    • お好みのハギレを適当に
      つなぎ合わせて15X15cm
      程度の布を2枚作る。
    • 縫い代はアイロンで割り
      縫い目などを整え、平ら
      にする。
  • 作り方2.猫の型紙を作ります。少し集めの紙で猫の顔形を切り抜いて型を作る。お好みのネコを描いてくださいね 作り方2.猫の型紙を作ります。少し集めの紙で猫の顔形を切り抜いて型を作る。お好みのネコを描いてくださいね 少し厚めの紙で猫の顔形
    を切り抜いて型を作る。
    あくまでも自由に。。。
  • 作り方3.型取りをする。生地2枚それぞれの裏側に型をあて、チャコペンでアウトラインをとります。 作り方3.型取りをする。生地2枚それぞれの裏側に型をあて、チャコペンでアウトラインをとります。 生地2枚それぞれの裏面
    に型をあて、チャコペン
    でアウトラインをとる。
  • 作り方4.ベースの生地と猫を縫い合わせます。2枚を中表に合わせ型の印に合わせてピンを打つ。手縫いの場合は出来るだけ細かな「半返し」で縫う 作り方4.ベースの生地と猫を縫い合わせます。2枚を中表に合わせ型の印に合わせてピンを打つ。手縫いの場合は出来るだけ細かな「半返し」で縫う 2枚を中表に合わせ型の
    印に合わせてピンを打つ。
    手縫いの場合は出来るだけ
    細かな「半返し」で縫う。
  • 作り方5.裁断する。縫い目に沿って1センチ程度、外側を切り抜く。アール部分に浅く切り込みを入れ、綿入れ口から表返す 作り方5.裁断する。縫い目に沿って1センチ程度、外側を切り抜く。アール部分に浅く切り込みを入れ、綿入れ口から表返す 縫い目に沿って1cm程度
    外側を切り抜く。アール
    部分に浅く切れ込みを入
    れ、綿入れ口から表返す。
  • 作り方6.綿を入れて閉じる。綿を入れて、綿入れ口は表から細かくまつって閉じるとベース完成 作り方6.綿を入れて閉じる。綿を入れて、綿入れ口は表から細かくまつって閉じるとベース完成 綿を入れて、綿入れ口は
    表から細かくまつって閉
    じるとベース完成。
  • 今回は土台となる部分の作り方をご紹介しましたが、表情の仕上げはちょっとしたフォローでお子様やご高齢の方にもお楽しみいただける作業です。ベースとボタンやハギレを色々ご用意いただき、皆様で個性を発揮したユニークな猫をお作り下さい。 お絵かき感覚でボタンやレザーをつけて、オンリーワンの表情作りをしましょう
  • お絵かき感覚でボタンやレザーをつけて、オンリーワンの表情作りをしましょう ★ワンポイント★ 今回は土台となる部分の作り方をご紹介しましたが、表情の仕上げはちょっとしたフォローでお子様やご高齢の方にもお楽しみいただける作業です。ベースとボタンやハギレを色々ご用意いただき、皆様で個性を発揮したユニークな猫をお作り下さい。

このページの印刷用PDFをダウンロード

今すぐのご利用でなくてもお気軽に♪
まずはカタログで介護用品をチェック!

メルマガ
  • 会員登録
  • ログイン
介護のお役立ち情報
  • 寒い日はお家の中から快適に 冬のあったかサポートグッズ特集
  • 介護のお役立ち情報
  • 役立つコラムを連載中!暮らしと健康ライブラリ
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • ヘルスレント通信
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ