ホーム>商品を探す>スロープ 機能の説明・商品ごとの特徴

車椅子スロープ 機能の説明・商品ごとの特徴

スロープの長さは、ご利用者さまや利用状況によって、段差の4〜12倍を目安にして決めてください。

スロープの選び方

  • ●段差の大きさに応じてスロープの長さを決めましょう。
  • ●長いスロープを使用するときは、たわみやねじれをチェックしましょう。
  • ●スロープを使うときは、車椅子の足回りサイズに合うものを選びましょう。
  • ●電動車椅子など重量のあるものは耐荷重をチェックしましょう。
スロープの長さと特徴
段差の4倍の長さ
傾斜角度は15度になります。
かなり急こう配ですが、スロープの長さが2mくらいまでなら介助者の押し上げる勢いで使用できます。ほとんどの電動車いすの自走も可能です。ただし、急こう配だと、電動カートの底が当たる場合もあります。
段差の4倍の長さ
段差の6倍の長さ
傾斜角度は10度になります。
電動車いすの自走はもちろん、介助の方がよりラクに車椅子を上昇、下降できます。6倍が基本の長さです。
段差の6倍の長さ
段差の12倍の長さ
傾斜角度は5度になります。
車椅子でほぼ自走できる傾斜です。自走するなら段差の約12倍以上のスロープがおすすめです。
段差の12倍の長さ

このページのトップへ