ホーム>介護のお役立ち情報>口腔ケア>お口の乾燥を防いでウイルス対策

口腔ケア お口の乾燥を防いでウイルス対策

お口の乾燥を防いでウイルス対策をしよう!!

監修一般社団法人 日本訪問歯科協会

空気が乾燥する冬場は要注意!

乾燥した空気は、風邪やインフルエンザのウイルスの活動を活発にさせます。特に冬場は空気が乾燥するため、健康な人でも喉や口の中が渇きがちになります。高齢者では、さまざまな全身の病気や、飲んでいる薬の副作用などによっても、口が渇くことがあります。
口の渇きの副作用がある薬には、降圧剤、抗ヒスタミン剤、尿失禁治療薬、抗うつ薬、睡眠導入薬などがあり、服用を中止するわけにはいかないことが多いので、口の乾燥を防ぐ対策をとりましょう。

予防対策
  • 1

    口の中の温度を下げる

    口の中が熱く感じられるときは、氷や冷たい水を口に含むと温度が下がり、乾燥も防げます。

  • 2

    室内の湿度を上げる

    最適な湿度は40〜60%。冬場は暖房によっても乾燥しやすいので、加湿器を利用します。2時間に一度は窓を開け、新鮮な空気に入れ換えることも有効です。

  • 3

    マスクを着用する

    高齢者は口の周りの筋肉が弱まり、常に口を開きがちになるので、マスクをして乾燥を防ぎましょう。

  • 4

    唇を保護する

    唇の乾燥には、濡れたガーゼで覆ったり、リップクリームやワセリンを塗ったりして保護します。

  • 5

    刺激のある食べ物を控える

    塩分、香辛料、カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶なども、摂り過ぎれば渇きの原因になります。

このページの印刷用PDFをダウンロード

商品が気になったらまずはカタログ請求!

あわせて読みたい!「介護のお役立ち情報」

登録 無料 メルマガ登録で 認知症/介護保険/口腔ケアなど 介護に役立つ情報をゲット! 無料会員登録はこちら

介護のお役立ち情報
  • 介護のお役立ち情報
  • 介護初心者必読!介護のいろは
  • 疾患別福祉用具の使い方
  • お悩みに応える介護用品のご紹介
  • 健康に過ごすための口腔ケア
  • 「ながら体操」で運動不足を解消!
  • 脳のトレーニングにチャレンジ
  • 暮らし折り紙
  • ケアマネジャーさんの疑問・質問

このページのトップへ